全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

好天で多くの初詣客 闘雞神社は6万5千人

初詣客でにぎわう闘雞神社の境内(1日、田辺市東陽で)

 三が日、紀南地方の神社は多くの初詣客でにぎわった。比較的穏やかな天候に恵まれ、創建1600年を迎えた闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)には昨年並みの約6万5千人が参拝した。(人出は各神社の発表)

 闘雞神社では元日、創建1600年記念祈願祭があり、神楽「浦安の舞」や鬼若太鼓の演奏が奉納され、約4万人が訪れた。2日は約2万人、3日は5千人だった。神社は「ここ数年、参拝者は多くなっている。今年の元日も長い列ができ、朝から夕方まで途切れなかった」という。
 熊野三山の一つ、熊野本宮大社(和歌山県田辺市本宮町)には元日に約16万人、2日に約18万人、3日に約11万人の計約45万人が訪れた。昨年より2万7千人多く、6年連続で40万人を超えた。「天候に恵まれて良かった。2日は寒さが少し和らいだことで多くなったのでは」と話した。
 熊野速玉大社(和歌山県新宮市)には昨年並みの23万5千人が参拝。「熊野が世界で注目されていることもあり、ここ数年多くなっている」という。
 熊野那智大社(和歌山県那智勝浦町)には昨年より約2千人多い約13万7千人が訪れた。
 和歌山県上富田町生馬の救馬渓観音の参拝者は昨年並みの約8万5千人。「三が日とも天気が良く、寒さが和らいだのが良かったかと思う」と話した。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク