全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大島紬もっと楽しもう! 着付けに挑戦、食事会も 大島支庁着装クラブ

大島紬を着る機会を増やそうと企画したランチ会に集った会員=12月8日、瀬戸内町蘇刈

 「せっかくの奄美大島勤務、特産の大島紬にもっと親しもう!」

 鹿児島県大島支庁の女性たちは支庁着装クラブ(小濵美保会長)を立ち上げ、自分たちで着付けの練習に取り組んでいます。活動は5年目を迎え、会員は現在14人。新年の仕事始め式のほか、ランチ会や織元見学会も定期的に開いて普段着の紬も楽しんでいます。

 サークルは装道(和服の着付け)師範の資格を持つ支庁健康企画課の武部あゆみさんを講師に、火曜日の終業後月に3回程度を目安に実施。会員たちは「自分で着付けができるようになる」ことを目標に、夏場は浴衣、秋からは大島紬を中心に活動しています。

 一昨年奄美に赴任した小濵会長も昨年5月に本場奄美大島紬を購入し、「せっかく買ったのだから自分でたくさん着ないと」と練習中。武部さんにアドバイスをもらいながら、難しい1人での帯結びにも挑戦しています。

 着付けの習得とともに会員たちが大切にしていることは「着る機会をどんどん増やす」こと。12月8日は瀬戸内町のホテルでランチ会を開き、思い思いの装いで着物を楽しみました。

奄美大島が初勤務地で一昨年入会した冨田美里さん(24)は9月に購入した大島紬で参加。「日光の下では緑色に光って見える片身変わりのデザインに一目ぼれ。メイクも着物に合わせました」と笑顔を見せました。

 赴任してすぐに入会し、今年4年目の大久保史菜さん(30)は、祖母の反物を仕立てた泥藍大島にベレー帽やブーツ、ハイネックニットを組み合わせた現代風の着こなし。「洋装ミックスをずっとやってみたかった。普段着ならではの楽しみ」と話し、他の会員からも好評でした。

関連記事

荘内日報社

新たな毛髪素材開発へ スパイバーとアデランス、共同研究着手

 鶴岡市のバイオベンチャー企業Spiber(スパイバー、関山和秀代表執行役)とアデランス(東京、津村佳宏社長)は19日、新たな毛髪素材の共同研究開発に着手したと発表した。スパイバーが持つ人工構造タン...

紀伊民報社

こいのぼり優雅に泳ぐ みなべの島ノ瀬ダム

 和歌山県みなべ町東神野川の島ノ瀬ダムに、こいのぼりが設置され、優雅に泳いでいる。  こいのぼりは住民から寄付されたもので、ダムを管理する南紀用水土地改良区で保管している。毎年、サクラの時季の...

生徒が手作り「弁当の日」 鹿児島、大島北高71人が挑戦

 奄美市笠利町の鹿児島県立大島北高校(新山剛校長)で19日、生徒たち自身が弁当を作り学校に持っていく取り組み「弁当の日」があった。1・2年生71人が弁当を持参。毎日、食事を作ってくれる人に感謝し...

観光大使に小谷さん、伊集院さん 沖永良部フラワーフェス

 第39回フラワーフェスティバル(鹿児島県和泊町商工会青年部主催)は17日夜、和泊中学校体育館であり、地元団体や沖縄県から来島した出演者らによる歌や踊りで盛り上がった。2019年度おきのえらぶ島...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク