全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡で冬の「帰省者忘年会」

 移住者や帰省者など地元でのつながりを求める人たちが集った「鶴岡帰省者忘年会」が29日、鶴岡市先端研究産業支援センターレクチャーホールで開かれた。合わせて約60人が参加し、移住者らの事例発表を聞くなどして情報交換し合った。

 帰省を機に、新たなつながりを通して古里の話題や情報を最新のものに更新してもらおうと、2016年からこの時期の忘年会と夏の納涼会として年2回開催している。市が主催し、鶴岡ナリワイプロジェクト(井東敬子代表)が企画運営する。

 この日は事例発表で、鶴岡出身である夫のUターンで移住し、経歴を生かして宇宙関連イベント開催にも取り組む佐藤涼子さん(33)=東京都出身、食に関する資格や経験を生かして鶴岡ふうどガイドとして活動する山口美和さん(51)=酒田市出身、地域おこし協力隊として赴任した鶴岡市大鳥に根を下ろし、民俗調査やマタギの暮らしなどを生業とする田口比呂貴さん(32)=大阪府出身=の3人が登壇。移住のきっかけからその後の地域との関わり方、仕事にまつわる今後の展望などをそれぞれ紹介した。

 参加者は20―30代が7割。帰省者は10人ほど。既に在住、移住者で、つながりを求める人の参加も多かった。事例発表の後はショウナイホテルスイデンテラスへ会場を移して交流パーティーが開かれた。

事例発表や参加者との交流を通して情報交換した

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク