全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

萬国屋 古窯(上山市)に経営譲渡へ

 鶴岡市あつみ温泉の旅館「萬国屋」(前田新一社長)が上山市の旅館「古窯」(佐藤洋詩恵社長)に経営を譲渡する方向で調整を進めていることが、分かった。萬国屋の名称は変えず、古窯が年明け以降に経営を引き継ぐという。ともに「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で毎年上位にランクされるなど全国的に高い知名度を持つ県内を代表する旅館で、庄内と内陸の旅館が手を組むことにより、県内への観光誘客効果が期待される。

 萬国屋は江戸時代の寛文年間(1661―72年)創業とされる、350年ほどの歴史を有する老舗旅館。フランス・パリの万国博覧会にちなんで明治初期に「萬国屋旅館」とし、1981(昭和56)年にホテル萬国屋として法人化。85年に社名を萬国屋に改称した。94年に10階建ての新本館「楽山楽水」が完成。現在の客室数は127室。

 萬国屋は設備投資などに対する負担軽減が課題となる中、将来を見据え県内外の企業と連携を模索。そうした中で、古窯に絞って経営譲渡に関した調整に入った。古窯の経営ノウハウの提供を受け、収益力向上につなげる判断があるとみられる。経営譲渡後も萬国屋の従業員の雇用は維持される見通し。萬国屋は荘内日報の取材に「今は何も話せる段階にない」としている。

 古窯は1951(昭和26)年に創業。2008年に山形市の「悠湯の里 ゆさ」を取得し、経営する旅館は上山市の「おやど 森の音」を含め3カ所ある。

 旅行新聞社(本社・東京)主催の本年度の「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」では、総合ランクで古窯が6位、萬国屋が11位となっている。

古窯への経営譲渡に向け調整を進めているあつみ温泉の「萬国屋」

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク