全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

高校生と共同開発 ご当地バーガー販売へ

メニューの一つに加わった龍神とうふバーガー

 和歌山県田辺市龍神村福井にある道の駅「水の郷日高川龍游」(指定管理者・こすげパーク振興会)内にあるレストラン「つぐみ食堂」は、南部高校龍神分校生と共同で開発していた「龍神とうふバーガー」を1月4日から発売する。同店は「高校生からヒントとパワーをもらった。ヒット商品にしなくては」と意気込んでいる。

 同食堂は、人気メニューの一つで地元のシイタケを使ったバーガーに次ぐヒット商品を若い感性を持つ高校生と一緒に作りたいと龍神分校に提案。全校生徒で素案を考えた後、3年生が家庭科の授業で試作に取り組んだ。
 生徒は豆腐など地元の素材を生かしたバーガーを作り、11月にあった地域イベント「翔龍祭」の林業祭の会場で販売したところ、たちまち完売した。
 助言をしてきたこすげパーク振興会の広報と企画担当、松本麻佐子さん(29)は、生徒が「龍神バーガー」と名付けて一生懸命に売っていたのを見て、地元の新たな名物にしたいという強い気持ちが伝わり、高校生に提案してよかったと思ったという。
 食材も絞って梅の味を生かした味付けにするなど「シンプル・イズ・ベスト」を地でいくバーガーだったと評価。この龍神バーガーを基に同食堂のスタッフらが話し合い、龍神とうふバーガーとして販売することにした。
 食材は、龍神村小又川の「龍神地釜とうふ工房るあん」の豆腐、龍神村西の「味工房梅樹庵」の梅ドレッシング、龍神村甲斐ノ川の「龍神マッシュ」の生しいたけなどを使用。バーガーの中身は肉を使わず豆腐、野菜、卵などを使って揚げて、バジルソースなども加えて味に変化を付けた。
 1個500円、サラダとミネストローネスープ付きは900円。数量限定で持ち帰りはできない。
 松本さんは「地元の素材の味を感じてほしい。名物バーガーとなるように頑張って売っていきたい」と話している。

関連記事

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク