全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

高校生と共同開発 ご当地バーガー販売へ

メニューの一つに加わった龍神とうふバーガー

 和歌山県田辺市龍神村福井にある道の駅「水の郷日高川龍游」(指定管理者・こすげパーク振興会)内にあるレストラン「つぐみ食堂」は、南部高校龍神分校生と共同で開発していた「龍神とうふバーガー」を1月4日から発売する。同店は「高校生からヒントとパワーをもらった。ヒット商品にしなくては」と意気込んでいる。

 同食堂は、人気メニューの一つで地元のシイタケを使ったバーガーに次ぐヒット商品を若い感性を持つ高校生と一緒に作りたいと龍神分校に提案。全校生徒で素案を考えた後、3年生が家庭科の授業で試作に取り組んだ。
 生徒は豆腐など地元の素材を生かしたバーガーを作り、11月にあった地域イベント「翔龍祭」の林業祭の会場で販売したところ、たちまち完売した。
 助言をしてきたこすげパーク振興会の広報と企画担当、松本麻佐子さん(29)は、生徒が「龍神バーガー」と名付けて一生懸命に売っていたのを見て、地元の新たな名物にしたいという強い気持ちが伝わり、高校生に提案してよかったと思ったという。
 食材も絞って梅の味を生かした味付けにするなど「シンプル・イズ・ベスト」を地でいくバーガーだったと評価。この龍神バーガーを基に同食堂のスタッフらが話し合い、龍神とうふバーガーとして販売することにした。
 食材は、龍神村小又川の「龍神地釜とうふ工房るあん」の豆腐、龍神村西の「味工房梅樹庵」の梅ドレッシング、龍神村甲斐ノ川の「龍神マッシュ」の生しいたけなどを使用。バーガーの中身は肉を使わず豆腐、野菜、卵などを使って揚げて、バジルソースなども加えて味に変化を付けた。
 1個500円、サラダとミネストローネスープ付きは900円。数量限定で持ち帰りはできない。
 松本さんは「地元の素材の味を感じてほしい。名物バーガーとなるように頑張って売っていきたい」と話している。

関連記事

長野日報社

ぽかぽかハウスでイチゴ狩り 諏訪湖いちご園

 諏訪市豊田のイチゴ狩り施設「諏訪湖いちご園」の今季営業が始まった。好天に恵まれた3日は地元や県外などからの客でにぎわい、暖かいビニールハウスで甘いイチゴを頬張った。  5棟のハウス内で養液...

上士幌に待望のそば店 移住の平野さん「五武庵」

 そば店が一軒もなかった上士幌町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集ま...

紀伊民報社

備長炭入り真っ黒いケーキ

 和歌山県田辺市秋津川の道の駅「紀州備長炭記念公園」のレストランで、備長炭の粉末を生地に練り込んだ真っ黒いバターケーキが登場した。見た目のインパクト、控えめな甘さと添えられた梅ジャムとの相性の良...

紀伊民報社

ジャバラ果皮エキスで新商品

 特産かんきつ「ジャバラ」で村おこしに取り組んでいる和歌山県北山村が、果皮エキスを使い、花粉症の抑制に効果があるとされる成分「ナリルチン」が豊富に入った栄養補助食品を開発した。ナリルチンをたっぷ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク