全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

上士幌に待望のそば店 移住の平野さん「五武庵」

混み合う店内で忙しく立ち回る平野さん

 そば店が一軒もなかった上士幌町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集まった資金を活用した。店主の平野昌樹さん(40)は「客がわいわい楽しめる店にしたい」と意気込んでいる。

 町内では2009年、唯一のそば店が閉店。復活を求める声が多く、町が「そば屋開店プロジェクト」と題してGCFを実施した。目標の300万円を超える金額が集まり、開業に名乗りを上げていた平野さんに資金援助した。

 東京で和食料理人として働いていた平野さんは5月、上士幌に移住。市街地の空き店舗を改修し、友人と開店準備を進めてきた。そば粉は士幌町で仕入れて店内で製麺、つなぎを使わないそば粉100%の「十割そば」を提供する。昼はそば店、夜はそばも楽しめる居酒屋として営業する。

 そば店の運営に当たっては、新会社「WHooD」(フード)を設立。店で仕入れる地場食材は、全国に売り込んでいく考えだ。店名の「五武庵」には、平野さんと友人合わせて「5人の武士」で事業展開するという覚悟を込めた。

 平野さんは「上士幌で店をやるのは初めて。町の人は温かいが甘えずに頑張りたい」と話す。町ふるさと納税推進員の島田裕子さん(26)は「人の往来が寂しかった通りにそば店ができることで、周りの飲食店との間で相乗効果を期待したい」と述べている。

 昼の営業時間は午前11時半~午後2時、夜は午後5時~翌午前0時。不定休(年末は31日まで、年始は1月2日から)。問い合わせは同店(01564・7・7378)へ。

関連記事

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク