全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

闇に浮かぶイルミネーション ヒマラヤスギに電飾

闇に浮かぶイルミネーション(古座川町高池で)

 和歌山県古座川町高池小学校グラウンドのヒマラヤスギに23日、電飾が取り付けられた。1月6日まで点灯する。時間は午後6時~9時。

 一時は中断していたイルミネーションを「子どもたちの冬の思い出になれば」と、町内の有志で組織する「懐かしい未来づくりプロジェクト」(田堀穣也代表、15人)が県青少年育成協会などの協力で2015年に復活させた。設置作業は田堀代表(32)と須川陽介さん(34)の2人で行った。
 1928年に植えられたヒマラヤスギは高さ約20メートル。今年の台風で枝が折れた。児童らに危険が及ぶ可能性があるため、来年、3分の1程度の高さに切られる予定。
 同町で生まれ育った田堀代表は子どもの時、大人たちが懸命にイルミネーションを設置していた姿を覚えているという。「誰かに言われてやっているのでなく、楽しんで取り組んでいる大人たちの姿を子どもたちにも受け継いでいってもらいたい。来年のイルミネーションはどうするか決まっていないが、場所を変えてでも続けていきたい」と話している。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

紀伊民報社

白砂舞台に熱戦 ビーチアルティメット国際大会

 和歌山県白浜町の白良浜で13日、フライングディスク(FD)競技の一種「ビーチアルティメット」の国際大会の試合が始まった。日本を含む10カ国・地域から計40チームが参加し、16日まで熱戦を繰り広...

チームラボ帯広 多彩アート 開幕近づく

 十勝毎日新聞社の創刊100年記念事業として道立帯広美術館で開催されるデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」の7月6日の開幕まで1カ月を切った。プログラムで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク