全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田港来年4―9月 大型クルーズ船8回寄港

 大型クルーズ船が地域の観光振興に果たす役割が注目される中、本県唯一の重要港湾・国際貿易港である酒田市の酒田港には来年4月から9月にかけ、外国船が5回、邦船が3回の計8回の寄港が予定されている。9月には、同港としては最大規模となるクルーズ船「MSCスプレンディダ」(パナマ船籍、13万7936総トン、乗客定員3274人)が初寄港する。

 大型クルーズ船は近年、東アジアで需要が高まっていることを受け、国内への寄港が急増。本県でも2016年4月、官民で酒田港の利用促進を図っている“プロスパーポートさかた”ポートセールス協議会(会長・吉村美栄子知事)に「外航クルーズ船誘致部会」を設置するなど、誘致に注力している。その結果、17年8月に同港初の外国クルーズ船として「コスタ・ネオロマンチカ」(イタリア船籍、5万7000総トン、乗客定員1800人)が寄港したのをはじめ、今年は7、8月に「ダイヤモンド・プリンセス」(英国船籍、11万5875総トン、乗客定員2706人)が2回、コスタ・ネオロマンチカが1回の外国船が3回、邦船の「にっぽん丸」が2回の計5回寄港した。

 酒田市ではクルーズ船を含め国内外の観光客の受け入れ体制を整えようと17年2月、官民で「酒田交流おもてなし市民会議」(会長・丸山至市長)を設立。県や関係機関と連携して埠頭(ふとう)や市街地などでクルーズ船の乗客らをもてなしている。

 市交流観光課では「酒田でのもてなしは、市民のぬくもりが伝わるようなものが多いと、とても好評。それを強みに来年も、関係機関と連携し、市街地での外国語表記を増やすなど、おもてなしを拡充したい」としている。

 来年の酒田港へのクルーズ船寄港の日程は次の通り。

 ▽4月23日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前7時、出港午後6時)▽5月11日=ぱしふぃっくびいなす(日本船籍、2万6518総トン、乗客定員696人。入港午前9時、出港午後7時)▽6月23日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前11時、出港午後8時)▽7月8、9日=にっぽん丸(入港8日午後6時、出港9日午前10時)▽同11日=にっぽん丸(入港正午、出港午後2時)▽8月30日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前7時、出港午後4時)▽9月16日=MSCスプレンディダ(入港午前9時、出港午後5時)▽同30日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前7時、出港午後4時)

今年7月に初寄港し、埠頭にも大勢の見学者が訪れたダイヤモンド・プリンセス=酒田港古湊埠頭

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク