全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田港来年4―9月 大型クルーズ船8回寄港

 大型クルーズ船が地域の観光振興に果たす役割が注目される中、本県唯一の重要港湾・国際貿易港である酒田市の酒田港には来年4月から9月にかけ、外国船が5回、邦船が3回の計8回の寄港が予定されている。9月には、同港としては最大規模となるクルーズ船「MSCスプレンディダ」(パナマ船籍、13万7936総トン、乗客定員3274人)が初寄港する。

 大型クルーズ船は近年、東アジアで需要が高まっていることを受け、国内への寄港が急増。本県でも2016年4月、官民で酒田港の利用促進を図っている“プロスパーポートさかた”ポートセールス協議会(会長・吉村美栄子知事)に「外航クルーズ船誘致部会」を設置するなど、誘致に注力している。その結果、17年8月に同港初の外国クルーズ船として「コスタ・ネオロマンチカ」(イタリア船籍、5万7000総トン、乗客定員1800人)が寄港したのをはじめ、今年は7、8月に「ダイヤモンド・プリンセス」(英国船籍、11万5875総トン、乗客定員2706人)が2回、コスタ・ネオロマンチカが1回の外国船が3回、邦船の「にっぽん丸」が2回の計5回寄港した。

 酒田市ではクルーズ船を含め国内外の観光客の受け入れ体制を整えようと17年2月、官民で「酒田交流おもてなし市民会議」(会長・丸山至市長)を設立。県や関係機関と連携して埠頭(ふとう)や市街地などでクルーズ船の乗客らをもてなしている。

 市交流観光課では「酒田でのもてなしは、市民のぬくもりが伝わるようなものが多いと、とても好評。それを強みに来年も、関係機関と連携し、市街地での外国語表記を増やすなど、おもてなしを拡充したい」としている。

 来年の酒田港へのクルーズ船寄港の日程は次の通り。

 ▽4月23日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前7時、出港午後6時)▽5月11日=ぱしふぃっくびいなす(日本船籍、2万6518総トン、乗客定員696人。入港午前9時、出港午後7時)▽6月23日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前11時、出港午後8時)▽7月8、9日=にっぽん丸(入港8日午後6時、出港9日午前10時)▽同11日=にっぽん丸(入港正午、出港午後2時)▽8月30日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前7時、出港午後4時)▽9月16日=MSCスプレンディダ(入港午前9時、出港午後5時)▽同30日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前7時、出港午後4時)

今年7月に初寄港し、埠頭にも大勢の見学者が訪れたダイヤモンド・プリンセス=酒田港古湊埠頭

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク