全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田港来年4―9月 大型クルーズ船8回寄港

 大型クルーズ船が地域の観光振興に果たす役割が注目される中、本県唯一の重要港湾・国際貿易港である酒田市の酒田港には来年4月から9月にかけ、外国船が5回、邦船が3回の計8回の寄港が予定されている。9月には、同港としては最大規模となるクルーズ船「MSCスプレンディダ」(パナマ船籍、13万7936総トン、乗客定員3274人)が初寄港する。

 大型クルーズ船は近年、東アジアで需要が高まっていることを受け、国内への寄港が急増。本県でも2016年4月、官民で酒田港の利用促進を図っている“プロスパーポートさかた”ポートセールス協議会(会長・吉村美栄子知事)に「外航クルーズ船誘致部会」を設置するなど、誘致に注力している。その結果、17年8月に同港初の外国クルーズ船として「コスタ・ネオロマンチカ」(イタリア船籍、5万7000総トン、乗客定員1800人)が寄港したのをはじめ、今年は7、8月に「ダイヤモンド・プリンセス」(英国船籍、11万5875総トン、乗客定員2706人)が2回、コスタ・ネオロマンチカが1回の外国船が3回、邦船の「にっぽん丸」が2回の計5回寄港した。

 酒田市ではクルーズ船を含め国内外の観光客の受け入れ体制を整えようと17年2月、官民で「酒田交流おもてなし市民会議」(会長・丸山至市長)を設立。県や関係機関と連携して埠頭(ふとう)や市街地などでクルーズ船の乗客らをもてなしている。

 市交流観光課では「酒田でのもてなしは、市民のぬくもりが伝わるようなものが多いと、とても好評。それを強みに来年も、関係機関と連携し、市街地での外国語表記を増やすなど、おもてなしを拡充したい」としている。

 来年の酒田港へのクルーズ船寄港の日程は次の通り。

 ▽4月23日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前7時、出港午後6時)▽5月11日=ぱしふぃっくびいなす(日本船籍、2万6518総トン、乗客定員696人。入港午前9時、出港午後7時)▽6月23日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前11時、出港午後8時)▽7月8、9日=にっぽん丸(入港8日午後6時、出港9日午前10時)▽同11日=にっぽん丸(入港正午、出港午後2時)▽8月30日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前7時、出港午後4時)▽9月16日=MSCスプレンディダ(入港午前9時、出港午後5時)▽同30日=ダイヤモンド・プリンセス(入港午前7時、出港午後4時)

今年7月に初寄港し、埠頭にも大勢の見学者が訪れたダイヤモンド・プリンセス=酒田港古湊埠頭

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク