全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

養殖アユ出荷始まる

アユを丁寧に箱詰めする従業員たち(白浜町内ノ川で)

 和歌山県白浜町内ノ川のアユ養殖業「OGATA養殖技術研究所」は、今季の出荷作業を始めた。大きさ別で従業員が丁寧に箱詰めし、東京の築地や名古屋、岡山など各地の市場に届けている。取扱量は、現在は1日当たり約5千匹だが、6~8月のピーク時には2、3倍になるという。  緒方徹代表(62)によると、毎年11月に最上川の天然アユを親とする稚魚を山形県で買い付けている。養殖場では水温や気圧に気を配るほか、飼料メーカーと協力した独自の餌を使用。体形や色も天然に近いアユを育てる。「徹底した管理が奏功したのか、今年は特に順調に成長してくれた」と緒方代表は話す。出荷作業は毎日午前7時半ごろに始まり、正午までに終える。  繁忙期には地元の宿泊施設や居酒屋だけでなく、友釣りのおとり用としても需要があり、その評判は良いという。一般の購入も可能。問い合わせは緒方代表(090・9052・0995)へ。

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク