全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

備長炭入り真っ黒いケーキ

田辺市地域おこし協力隊の魚住奈央さんが開発した備長炭の粉末入りの黒いバターケーキ(田辺市秋津川で)

 和歌山県田辺市秋津川の道の駅「紀州備長炭記念公園」のレストランで、備長炭の粉末を生地に練り込んだ真っ黒いバターケーキが登場した。見た目のインパクト、控えめな甘さと添えられた梅ジャムとの相性の良さなどでじわりと注目を集めている。
 同市地域おこし協力隊で、同公園で勤務する魚住奈央さん(27)=秋津川=が、レストランに地場産品を生かしたスイーツがなかったことから、新名物にしようと開発した。
 同店は比較的年配の客が多く、当初和風のスイーツを考えていたが、名物の備長炭コーヒーに合うよう路線を変更。備長炭と梅は、いずれも同地域の世界農業遺産を構成する産品で、一皿でPRできるように組み合わせた。
 備長炭の粉末自体には味や香りがなく、バターケーキの風味を損なわずに独特の色合いが出せる。生地には白あんが挟まれており、和風の味わいも楽しめるようにした。甘さは控えめで、添えられたホイップクリームと梅ジャムで味わいを変えられる。
 魚住さんは「お客さんの声を聞きながら、好みに合うように改良していきたい。ここでしか食べられないオリジナル。ぜひ足を伸ばして、味わってもらいたい」とアピールしている。次は和風のスイーツを開発したいという。
 備長炭バターケーキは350円。コーヒーまたは紅茶とのセットは600円。レストランの営業時間は午前9時~午後4時(4月以降は午後5時まで)。水曜定休。問い合わせは紀州備長炭記念公園(0739・36・0226)へ。

関連記事

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク