全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

備長炭入り真っ黒いケーキ

田辺市地域おこし協力隊の魚住奈央さんが開発した備長炭の粉末入りの黒いバターケーキ(田辺市秋津川で)

 和歌山県田辺市秋津川の道の駅「紀州備長炭記念公園」のレストランで、備長炭の粉末を生地に練り込んだ真っ黒いバターケーキが登場した。見た目のインパクト、控えめな甘さと添えられた梅ジャムとの相性の良さなどでじわりと注目を集めている。
 同市地域おこし協力隊で、同公園で勤務する魚住奈央さん(27)=秋津川=が、レストランに地場産品を生かしたスイーツがなかったことから、新名物にしようと開発した。
 同店は比較的年配の客が多く、当初和風のスイーツを考えていたが、名物の備長炭コーヒーに合うよう路線を変更。備長炭と梅は、いずれも同地域の世界農業遺産を構成する産品で、一皿でPRできるように組み合わせた。
 備長炭の粉末自体には味や香りがなく、バターケーキの風味を損なわずに独特の色合いが出せる。生地には白あんが挟まれており、和風の味わいも楽しめるようにした。甘さは控えめで、添えられたホイップクリームと梅ジャムで味わいを変えられる。
 魚住さんは「お客さんの声を聞きながら、好みに合うように改良していきたい。ここでしか食べられないオリジナル。ぜひ足を伸ばして、味わってもらいたい」とアピールしている。次は和風のスイーツを開発したいという。
 備長炭バターケーキは350円。コーヒーまたは紅茶とのセットは600円。レストランの営業時間は午前9時~午後4時(4月以降は午後5時まで)。水曜定休。問い合わせは紀州備長炭記念公園(0739・36・0226)へ。

関連記事

十勝ポップコーン モンストとコラボ 全国発売 本別

 前田農産食品(弥生町、前田茂雄社長)は、人気アプリ「モンスターストライク」を手掛ける「ミクシィ」(東京)とコラボし、同アプリのキャラクターが描かれたオリジナルカード入りの「十勝ポップコーン」を限...

帯広農業高校「豆ぐると」 道がヘルシー認定 管内初

 帯広農業高校の食品科学科地域資源活用班が開発した豆乳ヨーグルト「豆ぐると」が、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定された。これまで十勝管内の企...

「酪佳」日米便 機内食に さらべつチーズ工房

 さらべつチーズ工房(村更別北1線、野矢譲司社長)のセミハードタイプのゴーダチーズ「酪佳(らくか)」が、3月から米航空大手デルタ航空のビジネスクラスの機内食のメニューの一つに採用された。これまで世...

十勝の新ヨーグルト発売 地場乳酸菌で3種

 十勝の生乳由来の乳酸菌「十勝ミルク乳酸菌TM96」を使ったヨーグルトが5日、帯広市内などで一斉に発売された。スーパー・フクハラいっきゅう店(西19南2)では、特設コーナーを設け商品をPRしている...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク