全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「野球肘」防止と早期発見

 投球動作の繰り返しなどによって成長期に起きる「野球肘」の予防と早期発見につなげようと、鶴岡野球連盟(渋谷益生会長)主催の無料の集団検診が22日、鶴岡市の小真木原総合体育館で開かれた。対象となった市内の野球チームの5、6年生と鶴岡地区の中学生合わせて約260人が参加し、医師からオフシーズンの過ごし方などアドバイスを受けた。

 野球肘は、投げ過ぎだけでなく、フォームや体の使い方、柔軟性などを原因とし、力学的に弱い部分への過剰な負担によって痛みや軟骨の離断などが生じる。回復には投球動作の中止が必要で、ストレッチや体幹の強化などが予防に役立つとされる。鶴岡野球連盟によると、市内のスポ少で野球肘を抱える子どもは明らかになっているだけで約4%という。

 県内では、県野球活性化推進会議が将来の野球人口増化に向けて医療との連携を進め、山形市で以前から野球肘検診を開催。県下全域へ呼び掛けていたが、庄内からの参加は進まず、今回、鶴岡地区での初開催となった。

 この日は、日本海総合病院などから医師3人が参加した。一人一人、肘の周辺をエコー検診し、事前に子どもたちから記入してもらった痛みや症状のアンケートを基に「軟骨の量が多い。あと3年は慎重にプレーを」「痛いと思ったら受診して」などとアドバイスしていた。

 参加した西田悠希さん(13)=鶴岡三中1年=は野球肘により小学6年生の春ごろから1年以上投球できず、「つらかった。ストレッチなどを続けて、先生からも良くなってきたと言われている。気を付けながらこれから頑張りたい」と話していた。

 日本海総合病院の整形外科部長で肩、肘、手、上肢の外科が専門の佐々木淳也医師は「痛みがあったら自分で判断して訴えることが大切。痛みを抱えながら根性でプレーする時代ではない」と話していた。

市内の野球チームの小学5、6年生ほぼ全員が参加するなど関心の高さをうかがわせた野球肘の集団検診

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク