全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

留学生が帰国前に記念植樹

植樹したイチョウの木を囲む参加者たち(常盤公園の国際交流の森で)

 山口県宇部市の宇部留学生交流会(中村秀明会長)の卒業記念植樹会が13日、常盤公園内の「宇部国際交流の森」で開かれた。帰国を控えた留学生や家族ら20人が参加。高さ約3メートルのイチョウの木を植えて、末永い友情を誓った。

 植樹は2001年2月、市内に住んでいた中国人留学生の子どもが交通事故で亡くなり、両親が市社会福祉協議会に寄付をしたのがきっかけ。浄財を「市民との国際交流促進に生かしてほしい」との意向に沿って、植樹をすることになった。市と留学生交流会が話し合い、市民の温かい支援の下で暮らす留学生の思い出として、石炭記念館の近くを国際交流の森に。実際には05年から植樹を始め、鳥インフルエンザの影響で中止した11年を除き、毎年継続。今年が13回目で、植えたイチョウの数は計22本になった。

 中村会長は記念植樹の経緯を伝え「これでさよならではなく、植えた木をまた見に来て」と呼び掛けた。植樹後は、東梶返1丁目の常盤工業会館で送別会を兼ねた夕食懇親会もあり、帰国や就職で宇部から巣立つ留学生たちと会員らが別れを惜しんだ。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク