全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

留学生が帰国前に記念植樹

植樹したイチョウの木を囲む参加者たち(常盤公園の国際交流の森で)

 山口県宇部市の宇部留学生交流会(中村秀明会長)の卒業記念植樹会が13日、常盤公園内の「宇部国際交流の森」で開かれた。帰国を控えた留学生や家族ら20人が参加。高さ約3メートルのイチョウの木を植えて、末永い友情を誓った。

 植樹は2001年2月、市内に住んでいた中国人留学生の子どもが交通事故で亡くなり、両親が市社会福祉協議会に寄付をしたのがきっかけ。浄財を「市民との国際交流促進に生かしてほしい」との意向に沿って、植樹をすることになった。市と留学生交流会が話し合い、市民の温かい支援の下で暮らす留学生の思い出として、石炭記念館の近くを国際交流の森に。実際には05年から植樹を始め、鳥インフルエンザの影響で中止した11年を除き、毎年継続。今年が13回目で、植えたイチョウの数は計22本になった。

 中村会長は記念植樹の経緯を伝え「これでさよならではなく、植えた木をまた見に来て」と呼び掛けた。植樹後は、東梶返1丁目の常盤工業会館で送別会を兼ねた夕食懇親会もあり、帰国や就職で宇部から巣立つ留学生たちと会員らが別れを惜しんだ。

関連記事

宇部日報社

「雲谷庵跡」のかやぶき屋根のふき替え作業

 室町時代に活躍した画僧、雪舟の工房があった山口市天花1丁目の市史跡「雲谷庵跡」のかやぶき屋根のふき替え作業が10日、始まった。岡山県早島町の職人2人が年内に仕上げる。改修後の公開は来年2月1日...

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演 幕別

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテ...

101年ぶりの新種と判明 石垣島沖の深海で採取 15年飼育のイソギンチャク..

 沖縄美ら海水族館で約15年にわたり人知れず飼育されてきたイソギンチャクが新種「Synactinernus churaumi」だったと分かった。東京大学などの研究グループが10日付の日本動物学会の学会誌(電子版)に発表し...

釧路新聞社

管内初のマンホールカード【別海】

別海町は14日からマンホールのふたをデザインしたコレクションカード「マンホールカード」を発行する。同カード発行は根室管内では初。2000枚を用意し、役場庁舎で申請を受け、アンケート回答後に手渡す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク