全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

JR新潟駅 全列車同一ホーム乗り換えへ

 JR新潟駅での羽越本線特急いなほと上越新幹線の同一ホーム乗り換えが、来年3月のダイヤ改正に合わせ、全ての定期列車に拡大されることになった。いなほの上下7往復14本のうち、現行は上り5本、下り6本が同一ホームでの平面移動による乗り換えとなっており、JR東日本はこれを全14本に拡大する。羽越本線と上越新幹線を乗り継いで首都圏と行き来する利便性がさらに向上し、交流拡大による庄内地域の観光振興に弾みがつく。

 JR東日本新潟支社が14日に発表したもので、来年3月16日(土)のダイヤ改正に伴い実施される。ダイヤ改正では併せて、上越新幹線の一部に「E7系」の新車両を導入する。E7系は北陸新幹線で使用されている車両で、上越新幹線の新潟―東京間の「とき」では4往復を運行。このうち上りのいなほ2、10、12号、下りの5、9号が接続するときがE7系となる。

 新潟駅でのいなほと上越新幹線の同一ホーム乗り換えは、同駅周辺の連続立体交差事業による在来線高架化に伴うもの。在来線ホームを新幹線ホームと同じ高さにした上で、特急いなほが止まる5番線と新幹線の11番線が同一ホームとなり、今年4月15日から平面移動での乗り換えが可能となった。利用者からは「階段を使わずに乗り換えができ、とても楽になった」といった声が上がり、利便性が高まった。

 いなほと同一ホームとなる新幹線の11番線は12両編成までの乗り入れのため、現行の乗り継ぎが16両編成の新幹線の場合は階段移動が必要となっている。3月のダイヤ改正による12両編成の新車両E7系の導入に合わせ、いなほの全14本の同一ホーム乗り換えが実現する。

 新潟県と庄内地域を対象にした大型観光キャンペーン「新潟県・庄内デスティネーションキャンペーン(DC)」が来年10―12月に本番を迎える。これを前に、特急いなほの全定期列車が上越新幹線と同一ホーム乗り換えで一体化する形となり、利便性のさらなる向上により首都圏からの誘客促進が期待される。

特急いなほ(左)と上越新幹線(右)が、自動改札機を介して平面移動で乗り換えできる。来年3月のダイヤ改正で、いなほの全定期列車に同一ホーム乗り換えが拡大する=4月15日、JR新潟駅

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク