全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「ど真ん中ラーメン」全部作ります 辰野西小児童が考案

テンホウ辰野店の垣内社長(右)にアイデアを提案する児童ら

 長野県辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中」プロジェクトで、辰野西小学校6年勇組の児童30人が考えた「ど真ん中ラーメン」が、来年1月7日から地元飲食店で期間限定メニューとして提供されることになった。児童が20日に同町宮木のテンホウ辰野店(垣内博志社長)を訪ね、1品ずつアイデアを発表。自由な発想と熱意に打たれた店側が、全品の商品化を決めた。児童らは「町を知ってもらうきっかけになれば」と、プロジェクト商品の第1号へ期待を膨らませている。

 同クラスでは、日本の中心に位置する町のPR戦略を立てようと、町が今月まで全3回開いた「日本のど真ん中作戦会議」に自主参加。大人の輪へ飛び込んで商品、イベント、キャラクターなどのアイデアをぶつける中で、幅広い世代をターゲットにど真ん中ラーメンを提案した。

 今回は、同じくど真ん中ラーメンを開発中だった同店が児童の活動を知り、11月末に「子どもたちと一緒にラーメンを作りたい」と声を掛けて共同開発が実現。児童らは改めてど真ん中をテーマに味や素材、盛り付けなどを考え、イラストを描き上げた。

 同店での発表では、児童がイラストを示し、煮卵やなるとを中心に置いて「ど真ん中」をデザインしたり、もやし、ネギをピラミッド型に積んで象徴の大城山の景観を表したりと、趣向を凝らした一品をアピール。しょうゆやみそなどのスープも要望した。

 垣内社長(50)は「みんなど真ん中について真剣に考え、どのメニューもおいしそうだった。地元店への愛情にも応えたい。全部作ります」と宣言。店内は、緊張の面持ちで講評を聞いていた児童らの歓声であふれ返った。

 今後は、同店で試作をして1月7日から約2カ月間のカレンダーを組み、1人のメニューにつき2日間の期間限定で提供する予定。素材によって価格、提供数とも異なる。

 男子児童は「緊張したけれど、思いをストレートに伝えることができた。『これ、ど真ん中だね』と話題になるようなラーメンにしてほしい」と笑顔を浮かべていた。

関連記事

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク