全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鹿追「しかめん」21日復活 招待客「一段とおいしく」

8カ月ぶりの鹿追そばを堪能する招待客。左奥は相澤社長

 今春から休業していたそば処「しかめん」(鹿追町西町3)が21日、営業を再開する。19日夜には関係者向けのプレオープンパーティーが同店で開かれ、復活した鹿追そばの味を招待客が一足早く堪能した。

 しかめんは経営していた「鹿追そば」の自己破産に伴い、4月に閉鎖。町内の建設会社「健勝重建」(相澤政則社長)が株式会社として「十勝鹿追そば」を設立し、事業を引き継ぎ、再開に向けた準備を進めてきた。

 加藤政利店長を含む職人2人が戻り、従業員4人で店を切り盛りする。従来通り、西上経営組合(上原明彦代表)の鹿追産そば粉を使い、手打ちしたそばを提供する。

 プレオープンパーティーでは上原代表や、JA鹿追町、町商工会、町、町議会関係者ら約30人が来店した。

 相澤社長が「麺にこだわり、味にこだわり、ますますメニューも充実させ、町民に愛される店づくりをしたい」とあいさつし、鏡開きで営業再開を祝った。名物のゴボウ天そばから盛りそば、そばみそまで、約8カ月ぶりのメニューが次々とテーブルに運ばれ、招待客は鹿追そばの“フルコース”を味わった。

 帯広信用金庫鹿追支店の篠原英樹支店長は「休業した分の思いが詰まり、一段とおいしくなっている。これから食べに来るのが楽しみ」と笑顔を見せた。

 21日は午前10時にオープン。通常は午前11時~午後3時と午後4時半~同8時の営業。定休日は未定。年末は30日まで、年始は来年1月3日から。問い合わせはしかめん・十勝鹿追そば(0156・67・7308)へ。

関連記事

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク