全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鹿追「しかめん」21日復活 招待客「一段とおいしく」

8カ月ぶりの鹿追そばを堪能する招待客。左奥は相澤社長

 今春から休業していたそば処「しかめん」(鹿追町西町3)が21日、営業を再開する。19日夜には関係者向けのプレオープンパーティーが同店で開かれ、復活した鹿追そばの味を招待客が一足早く堪能した。

 しかめんは経営していた「鹿追そば」の自己破産に伴い、4月に閉鎖。町内の建設会社「健勝重建」(相澤政則社長)が株式会社として「十勝鹿追そば」を設立し、事業を引き継ぎ、再開に向けた準備を進めてきた。

 加藤政利店長を含む職人2人が戻り、従業員4人で店を切り盛りする。従来通り、西上経営組合(上原明彦代表)の鹿追産そば粉を使い、手打ちしたそばを提供する。

 プレオープンパーティーでは上原代表や、JA鹿追町、町商工会、町、町議会関係者ら約30人が来店した。

 相澤社長が「麺にこだわり、味にこだわり、ますますメニューも充実させ、町民に愛される店づくりをしたい」とあいさつし、鏡開きで営業再開を祝った。名物のゴボウ天そばから盛りそば、そばみそまで、約8カ月ぶりのメニューが次々とテーブルに運ばれ、招待客は鹿追そばの“フルコース”を味わった。

 帯広信用金庫鹿追支店の篠原英樹支店長は「休業した分の思いが詰まり、一段とおいしくなっている。これから食べに来るのが楽しみ」と笑顔を見せた。

 21日は午前10時にオープン。通常は午前11時~午後3時と午後4時半~同8時の営業。定休日は未定。年末は30日まで、年始は来年1月3日から。問い合わせはしかめん・十勝鹿追そば(0156・67・7308)へ。

関連記事

長野日報社

ぽかぽかハウスでイチゴ狩り 諏訪湖いちご園

 諏訪市豊田のイチゴ狩り施設「諏訪湖いちご園」の今季営業が始まった。好天に恵まれた3日は地元や県外などからの客でにぎわい、暖かいビニールハウスで甘いイチゴを頬張った。  5棟のハウス内で養液...

紀伊民報社

高校生と共同開発 ご当地バーガー販売へ

 和歌山県田辺市龍神村福井にある道の駅「水の郷日高川龍游」(指定管理者・こすげパーク振興会)内にあるレストラン「つぐみ食堂」は、南部高校龍神分校生と共同で開発していた「龍神とうふバーガー」を1月...

上士幌に待望のそば店 移住の平野さん「五武庵」

 そば店が一軒もなかった上士幌町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集ま...

紀伊民報社

備長炭入り真っ黒いケーキ

 和歌山県田辺市秋津川の道の駅「紀州備長炭記念公園」のレストランで、備長炭の粉末を生地に練り込んだ真っ黒いバターケーキが登場した。見た目のインパクト、控えめな甘さと添えられた梅ジャムとの相性の良...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク