全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

伊良湖岬小の校歌額除幕

開校後、3年間の卒業生が一文字ずつ彫って出来上がった校歌額。左は太田さん=伊良湖岬小学校で

 岬小の校歌、永遠に-。田原市立伊良湖岬小学校で、この春巣立つ6年生ら3年間の卒業生らが順番に歌詞を彫った木製校歌額が完成し、13日、除幕式が作詞作曲した渥美半島夢大使のサックス奏者太田剣さん(47)=同市出身、川崎市=を迎えて開かれた。幕が引き落とされると、全校児童らが校歌を歌い、元気な歌声を響かせた。  同小は2015(平成27)年、和地、堀切、伊良湖3小学校の統合で誕生。校歌も新しくつくられ、開校以来、6年生が卒業記念として3番ある歌詞を1番ずつ担当し、3年目の今年、卒業生のリレーによって彫り上がり、校歌額が出来上がった。  1人が9センチ四方の木片に一文字ずつ彫り、今年の6年生27人は1月から作業を開始、文字を浮かび上がらせた。卒業生計104人が携わった校歌額は、体育館の舞台わきに掲げられた。  式には全児童148人が参加し、6年・小久保敬太君は「気持ちを込めて丁寧に彫りました。全ての卒業生の思いがこもった素晴らしい出来具合にびっくり。これからも心を込めて歌い続けてください」と呼び掛けた。  渡邉宏光校長は「伊良湖岬小は歴史の浅い学校。新しい宝物として長く守り、校歌額を大切にしていきましょう。学校の歴史の1ページを飾る記念の式です」と述べた。  太田さんは「額を作ってくれてありがとう。何十年と校歌を子どもたちに歌ってもらえるのがうれしい」と感謝を込めてあいさつした。  伊良湖に近い福江小、福江中学校を卒業した太田さん。本格的に作詞をするのは初めてだったそうだが、古里への思いは深い。「校歌は、1番が浜木綿(ハマユウ)や潮騒などの伊良湖の風景、2番は学校や友達、3番は未来へ強く生きてほしいという内容。生まれ育ったこの土地が好きで、子どもたちもここに生まれて良かったとという気持ちを持ってくれれば」と願っていた。  伊良湖岬小は2021年度中に移転が計画されているが、校歌額は移転先にも引き継がれる。

関連記事

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク