全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

親孝行代行サービス好評 ふるさと納税返礼メニューに 和泊町シルバー人材センター

親孝行代行サービスで、庭の手入れをする和泊町シルバー人材センターの会員ら=14日、同町国頭

 鹿児島県の和泊町シルバー人材センター(南実一理事長)が、同町のふるさと納税の返礼として実施している「親孝行代行サービス」が利用者に好評だ。ふるさと納税をした出身者に代わり、同センターの会員が実家の清掃や墓参りなどを請け負うサービス。同センターでは古里で高齢の親が一人暮らししているという出身者らに活用を勧めていく考え。

 同センターでは以前から、ふるさと納税の返礼として墓参り代行サービスを実施。近年、その活用が急激に増えたことから、出身者のさまざまなニーズに応えようと親孝行代行サービスを発案。10月から返礼品のメニューに加えた。

 1万3千円の寄付でサービス1回分。2人の会員が90分間、実家の清掃や墓参りなどを代行。利用者の要望に応じて、サービスを行っている。利用者に安心してもらえるよう、親の写真を添えた近況報告もしている。

 14日は大阪府在住の堀田牧代さん(53)から依頼を受けた。堀田さんの父、同町国頭の池田純明さん(79)宅で、会員が敷地内や、その周辺の樹木の伐採、除草、家の外壁や窓ガラスの清掃を行った。

 同サービスの利用は今回が2度目という堀田さんは「父には身体障がいがあって実家で一人暮らしは大変と思い、大阪へ呼んだこともあったが、先祖や親、古里をとても大事に考えており、島から離れることを良しとしない。島にこうしたサービスがあると大変ありがたい」と感謝していた。

 同センターの山下洋仁事務局長は「寄付者にとても喜んでもらえるサービスなので、PRして活用を広げていきたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

新たな毛髪素材開発へ スパイバーとアデランス、共同研究着手

 鶴岡市のバイオベンチャー企業Spiber(スパイバー、関山和秀代表執行役)とアデランス(東京、津村佳宏社長)は19日、新たな毛髪素材の共同研究開発に着手したと発表した。スパイバーが持つ人工構造タン...

紀伊民報社

こいのぼり優雅に泳ぐ みなべの島ノ瀬ダム

 和歌山県みなべ町東神野川の島ノ瀬ダムに、こいのぼりが設置され、優雅に泳いでいる。  こいのぼりは住民から寄付されたもので、ダムを管理する南紀用水土地改良区で保管している。毎年、サクラの時季の...

生徒が手作り「弁当の日」 鹿児島、大島北高71人が挑戦

 奄美市笠利町の鹿児島県立大島北高校(新山剛校長)で19日、生徒たち自身が弁当を作り学校に持っていく取り組み「弁当の日」があった。1・2年生71人が弁当を持参。毎日、食事を作ってくれる人に感謝し...

観光大使に小谷さん、伊集院さん 沖永良部フラワーフェス

 第39回フラワーフェスティバル(鹿児島県和泊町商工会青年部主催)は17日夜、和泊中学校体育館であり、地元団体や沖縄県から来島した出演者らによる歌や踊りで盛り上がった。2019年度おきのえらぶ島...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク