全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

親孝行代行サービス好評 ふるさと納税返礼メニューに 和泊町シルバー人材センター

親孝行代行サービスで、庭の手入れをする和泊町シルバー人材センターの会員ら=14日、同町国頭

 鹿児島県の和泊町シルバー人材センター(南実一理事長)が、同町のふるさと納税の返礼として実施している「親孝行代行サービス」が利用者に好評だ。ふるさと納税をした出身者に代わり、同センターの会員が実家の清掃や墓参りなどを請け負うサービス。同センターでは古里で高齢の親が一人暮らししているという出身者らに活用を勧めていく考え。

 同センターでは以前から、ふるさと納税の返礼として墓参り代行サービスを実施。近年、その活用が急激に増えたことから、出身者のさまざまなニーズに応えようと親孝行代行サービスを発案。10月から返礼品のメニューに加えた。

 1万3千円の寄付でサービス1回分。2人の会員が90分間、実家の清掃や墓参りなどを代行。利用者の要望に応じて、サービスを行っている。利用者に安心してもらえるよう、親の写真を添えた近況報告もしている。

 14日は大阪府在住の堀田牧代さん(53)から依頼を受けた。堀田さんの父、同町国頭の池田純明さん(79)宅で、会員が敷地内や、その周辺の樹木の伐採、除草、家の外壁や窓ガラスの清掃を行った。

 同サービスの利用は今回が2度目という堀田さんは「父には身体障がいがあって実家で一人暮らしは大変と思い、大阪へ呼んだこともあったが、先祖や親、古里をとても大事に考えており、島から離れることを良しとしない。島にこうしたサービスがあると大変ありがたい」と感謝していた。

 同センターの山下洋仁事務局長は「寄付者にとても喜んでもらえるサービスなので、PRして活用を広げていきたい」と話した。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク