全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

パンダに氷の花束 ホワイトデー

プレゼントの前で姉妹仲良く竹をほおばる桃浜(右)と桜浜=13日、白浜町のアドベンチャーワールドで

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは13日、雌の双子ジャイアントパンダ「桜浜(おうひん)」と「桃浜(とうひん)」(3歳)に、花束に見立てた氷を贈った。  14日のホワイトデーに合わせた企画。ニンジンで作ったバラの花やシロップで着色した氷玉をのせた氷の器(高さ90センチ)のほか、2頭の名前からサクラとモモの花びらをかたどった氷も用意した。  屋外運動場に登場した2頭は、プレゼントに興味を示しつつ、竹を食べることに夢中で、来場者から「かわいい」と声が飛んだ。  4月から短大に入学する千葉県松戸市の鈴木瑠花さん(20)は「思ったより大きいけれど、これだけ近くで見るとかわいい。これからも仲良く育ってほしい」と話した。  桜浜と桃浜は2014年12月生まれ。施設によると、ともに体重は90キロを超えた。  13日は、2頭の妹に当たる「結浜(ゆいひん)」(1歳)にも、名前にちなんでリボンをかたどった氷などをプレゼントした。結浜は16年9月生まれで、体重は約55キロにまで成長している。  3姉妹の母親は「良浜(らうひん)」(17歳)で、父親は「永明(えいめい)」(25歳)。施設によると、良浜にはマーキング行動など発情の兆候が見られるようになってきた。今年も永明との繁殖に挑戦する予定で、広報担当者は「注意深く見守っていきたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

戦争、テロなき世界を 国際平和の日で鐘打式

 「国際平和の日」の21日午後、新栄公園で平和祈念鐘打式(世界平和の鐘の会沖縄県支部主催)が行われ、参加者約20人が戦争やテロのない世界の実現を祈った。  式典は午後0時に始まり、参加者全員で1分...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク