全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2万6000件超に上り、「心温まるお話…」などとコメントが寄せられている。

 縫いぐるみは33年ほど前に博物館駐車場で職員が見つけた。県外ナンバーの外車が走り去った後に落ちていたという。以来、職員が「寒そうだから」とセーターや帽子を編んであげたり、洗ってあげたりと、事務室などで大切に扱ってきた。職員の長南千春さん(56)によると、「同僚に頼みづらい仕事をお願いする時に、“ドナルドからのお願い”という感じで協力してもらうことも。博物館の日常の一部で、いわばベテラン職員。たくさんの思い出が詰まっている」という。

 同博物館の公式ツイッター担当でもある長南さんが「30年前の落とし物」として6日、写真付きで来歴や保管の経過を紹介すると、「ドナルドも幸せそう」「スタッフさん優しすぎ」などと好意的なコメントが寄せられて大反響。各メディアからの取材も舞い込んでいるという。

 長南さんは「過去に話題になった短刀『信濃藤四郎』の展示の投稿でも『いいね』は5000件弱ほど。博物館にまつわる親しみやすい内容を心掛けていたが、これほどの話題になるとは」とやや困惑気味だがうれしそう。「持ち主が現れるまで、待ち続けます」と話した。

職員の手編み服を着たドナルドダックの縫いぐるみ。今後しばらくは受付窓口に置かれ、来館者歓迎役を任されるという

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク