全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

西郷隆盛との交流で伝わる「酒井家の鶏飯」 DCの目玉料理に

 鶴岡市の庄交コーポレーション・東京第一ホテル鶴岡は13日、明治維新後の西郷隆盛と旧庄内藩主・酒井忠篤公の交流を通じて酒井家に代々伝わる、鹿児島名物料理「鶏飯(けいはん)」を取り入れた食事メニュー「旧庄内藩主 酒井家の鶏飯~西郷隆盛ゆかりの一膳」の提供を始めた。日本海美食旅(ガストロノミー)をテーマに展開される新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)に合わせた新たなメニューとしてPRしていく。

 鶏飯は、ご飯にほぐした蒸し鶏、錦糸卵などを載せ、鶏のスープをかけて食べる鹿児島の郷土料理。忠篤公は戊辰戦争後の1870(明治3)年、西郷に学ぶため旧藩士70人余りと共に鹿児島を訪れ、5カ月間滞在し、この時に名物の鶏飯に触れ、酒井家に伝えたとされる。その後、酒井家では鶏肉を細かくたたいて、ゆで卵の白身と黄身を刻んで載せる「酒井家風」の鶏飯が代々受け継がれ、定番料理になったという。

 酒井家第18代当主の酒井忠久さんが理事を務める庄交グループの庄交価値創造研究所(理事長・國井英夫庄交コーポレーション社長)が、DCテーマのガストロノミーを検討する中で、お薦めメニューの一つとしてストーリー性のある酒井家の鶏飯に着目。「西郷隆盛ゆかりの一膳」として提供することになった。

 メニューは、酒井家に伝わる鶏飯、シイタケの甘煮とたくあん漬けの薬味、ごま豆腐、鶴岡の郷土料理の卵寒天、地元産の野菜の天ぷらなど。当面は、同ホテルのレストランモナミのランチタイムに限定10食を1500円(税込み)で提供する。今月までのプレDCに合わせて商品化し、来月以降も継続して来年10月からのDC本番につなげるほか、庄交グループの庄内観光物産館でも提供する予定。来月9日には、関係者によるお披露目会も企画している。

 庄交コーポレーションは「DCのメーンとなり得る料理として、鹿児島、西郷隆盛と庄内のつながり、150年近く受け継がれてきた物語性を合わせ、『酒井家の鶏飯』を幅広く紹介していきたい」と話している。

東京第一ホテル・レストランモナミで提供が始まった「酒井家の鶏飯」

関連記事

荘内日報社

森林保全活動で杉の苗木を植栽

 鶴岡市の羽黒高校(牧静雄校長)の3年生たちが26日、学校新校舎建設の木材を切り出した学校創設者関連企業の所有する市内の森林で、杉苗の植栽活動に取り組み、森林の整備や保全活動への理解を深めた。  20...

紀伊民報社

甘酸っぱい香り漂う 梅の塩漬け本格化

 梅の本場である和歌山県みなべ町や田辺・西牟婁で、主力品種「南高」の熟した実を塩に漬け込む作業が本格化している。1次加工である「白干し梅」にする作業で、作業場には甘酸っぱい香りが漂っている。梅雨...

北海道十勝フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

宇部日報社

ブルーベリー狩り楽しむ、新鮮な甘酸っぱさ人気

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で、ブルーベリーが収穫期を迎えた。甘酸っぱい旬の味覚を求めて、多くの来園者が「ブルーベリー狩り」を楽しんでいる。7月20日ごろまで。    約20...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク