全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

駅員が厚狭駅周辺のグルメマップ作製

グルメマップを紹介する末廣さん(JR厚狭駅で)

 山口県山陽小野田市JR厚狭駅が、駅周辺の飲食店を紹介するグルメマップを構内2カ所に設置した。電車の待ち時間を厚狭のまちで快適に過ごしてもらおうと、地域活性化の思いも込めて作製。駅員自らが店舗に足を運んで取材した内容を、写真やイラストを交えて分かりやすくまとめている。

 マップは縦86センチ、横61センチの大きさで、人目に付きやすい在来線と新幹線の入り口付近に掲げた。厚狭駅前商店街とその周辺にあるカフェ、定食、ラーメンなど8店舗の写真と営業時間、簡単なプロフィルを掲載。料理と店内の写真、職員の感想などを詳しくまとめたファイルも備えた。お昼時に電車を待つ市外客から飲食店の問い合わせが多かったため、末廣拓也さん(33)=柿の木坂=を中心に駅員6人が手掛けた。

 昨年夏から実際に料理を食べ、従業員に話を聞いて仕上げた。観光客向けに県の特産品を使った料理を取り上げたり、キッズコーナーの有無を書いたりするなどして、幅広い利用客のニーズに応えた。マップ作りを通じ、もともと地元に詳しい末廣さんを含めて厚狭のまちの魅力を再発見することができたという。今月初旬には別の駅員が卒業を控える学生らに向けたメッセージを掲げて好評を得ており、末廣さんは「利用客に喜んでもらえるよう、地域とも連携して厚狭駅ならではの取り組みを続けたい」と話した。

関連記事

長野日報社

直売所の味を全国へ 八ケ岳農業実践大が通販サイトオープン

八ケ岳中央農業実践大学校(原村)で製造・販売されている加工品を専門に扱う通販サイトがオープンした。同校オリジナル商品のアイスクリームやヨーグルト、卵などをインターネット上で購入できる。新型コロ...

長野日報社

豚肉ソーセージ試作 上伊那農業高校畜産班が新商品開発へ活動

上伊那農業高校(南箕輪村)の畜産班が、鹿肉や地場産牛肉などを使った新商品の開発に向けて活動を始めた。22日は基礎学習のための実習を同校で行い、生徒らが豚肉を使ったソーセージを試作。校内にある機...

東京で「牧草ロール」 新作を発表 満寿屋商店

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は18日午前、新商品のクロワッサン「牧草ロール」を発表した。25日にオープンする東京都内の自由が丘・東急フードショースライス店のみで販売する。...

芽室産原料で新ワイン 20日から販売

 めむろワイナリー(尾藤光一代表)は12日、芽室産ブドウ100%使用の2019年産の新作ワイン「大地の序章」と「豊穣(ほうじょう)の序章」を発表した。大地の-は20日から数量限定で販売する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク