全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

伝統だこ作り楽しむ 石教委いきいき学び課 親子連れなど20人参加

伝統だこ作りを楽しむ親子=8日午後、平得公民館2階ホール

 八重山地方に伝えられている伝統だこ作りの技術を習得する「2018年度やいまの伝統凧づくり教室」(石垣市教育委員会いきいき学び課主催)が8日から2日間、平得公民館2階ホールで開かれている。初日は親子連れなど20人が八重山凧愛好会の会員から作り方を習い、凧の骨づくりや組み立てを行った。9日は紙貼りや色付けなど仕上げを行う。

 グループに分かれた参加者らは、同会会員から作業内容の説明をうけた後、八角やピキダー、アヨーなど、伝統だこの製作に取り掛かった。

 会員のアドバイスを受け骨部分の竹ひご割り、小刀を使い均等な厚さに削り終えると、強度を上げるため両端に「カマシ」と呼ばれる切り込みを入れてつなぎ合わせた。

 骨を組む際に竹ひごが曲がらないよう伝統の技を駆使して作業を進め、骨組みに和紙を張り、色付けをして同日の作業を終えた。  アヨーに友達や母親、サンタクロースと遊んでいる絵を描いた金城桜詩ちゃん(6)は「習字も習っているので自分の名前も書いた。明日、飛ばすのが楽しみ」と喜んだ。

関連記事

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定 帯広

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定し...

黄金色に輝く稲穂 超早場米の収穫始まる

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米(1期米)の収穫が始まっている。石垣市新川平田原では22日午前、市内新川の水稲農家・山根政人さん(45)が黄金色に実った稲穂の収穫に汗を流していた。収穫した米は...

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク