全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネーションキャンペーンに合わせた企画で、約8000人が来場した。

 いなりんが2009(平成21)年11月21日に第1回豊川いなり寿司フェスタに初登場してから9年。“誕生日”を祝ってさまざまなイベントが展開され、親子らによる笑い声が飛び交った。  今回が記念すべき第1回目の「WeLоveいなりんコンテスト」では、いなりんをモチーフにしたオリジナル作品38点を展示。おなじみの「創作豊川いなり寿司コンテスト」も開催され、地元の食材を使ったユニークないなり寿司を考案した子どもらに表彰式が行われた。

 「ミートいなりん」では、来場者が誕生日メッセージやイラストを直接いなりんに手渡し、お礼に餅をもらった。いなりんの誕生にまつわる紙芝居や、来場者がそろってバースデーソングを歌うコーナーも設けられた他、いなりんへの誕生日ケーキや、巨大な遊具「いなりんふわふわ」も登場。友達のいなりコ、イナリソ、狐娘(ここ)ちゃんもお祝いに駆け付けた。  偶然にもウェディングフォトで境内で撮影に訪れていた岡崎市在住の田端二郎さん(28)と妻・瑞紀さん(26)はいなりんとも記念撮影。瑞紀さんが豊川市出身ということもあり「素敵な写真もたくさん撮れたし、すごくいい記念になりました」と喜んでいた。

関連記事

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

地サイダー9種発売 天然着色料で味も刷新 十勝

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は5月1日から、全9種のサイダーを販売する。今年度は各サイダーに天然着色料を使い、以前より淡い色と優しい味にリニューアルした。  十勝地サイダーは各町の特...

イセエビ汁など人気 名瀬漁協でお魚まつり 群島水産青年協

 奄美群島水産青年協議会(岩橋弘明会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協であった。奄美近海で水揚げされた魚介類や水産加工品が格安で販売され、多くの買い物客でにぎわった...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク