全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝産のコラボ弁当 帯広南商と福原 販売

残り少なくなった弁当を、来店客に笑顔で手渡す(右から)工藤さん、斉下さん

 スーパーを展開する福原(帯広、福原郁治社長)が帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同開発した「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。9日まで数量限定で販売するフクハラの市内8店舗の一部では8日、クッキング部の生徒が売り場に立ち、十勝産の食材をふんだんに使った同弁当をPRした。

 弁当は市が推進する「フードバレーとかち」の一環として初めて企画。中札内の若鶏を使った野菜あんかけの竜田揚げや、豚丼のたれをかけた十勝産ナガイモの豚肉巻き、中華ちらしなどが入り、1パック500円。

 5日から各店1日10個程度を販売したところ、「数十分で完売」(同社)の大盛況。来店客から「本当に売っているの?」「ぜひ買いたい」などの声が寄せられているという。

 8日は各店30個程度が用意され、うち西18条店では開発に関わったクッキング部員の斉下知莉さんと工藤理央さん(いずれも2年)が総菜売り場に立った。午前10時の販売開始前から人が並び、10分で完売。2人は「限られた予算の中、彩りや食材にこだわり苦労しただけに(完売は)うれしい」と笑顔を見せた。

 部員の高校生によるPR販売は弥生と自由が丘、いっきゅう、西帯広の各店でも行われ、9日も実施する。弁当は長崎屋、西12条、西15条でも購入可能。

 同社地域貢献推進室の斎藤博明室長は「予想以上の反響」と驚いている。同社は益金の一部を市などに寄付することも計画している。

関連記事

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク