全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

剥製や実験に興味津々 「博物館がやってきた」瀬戸内町

ニホンジカの剥製を観察する児童ら=6日、瀬戸内町古仁屋の町きゅら島交流館

 県内の動植物や自然の魅力、実験などを間近で楽しめる「博物館がやってきたin瀬戸内町」(県立博物館、瀬戸内町教育委員会主催)は6日、町きゅら島交流館を主会場に開幕した。初日から子どもたちが詰め掛け、科学の実験や初めて見る動物の剥製に目を輝かせた。9日まで。入場無料。

 「学ぼう郷土の自然」移動博物館事業の一環で、同町では18年ぶり2回目。館内には県天然記念物指定の動物の剥製や昆虫標本、植物写真など約5200点を展示した。

 実験教室では液体窒素を使った科学実験や竹笛作りなどがある。室内展示コーナーには県内児童生徒の理科研究記録作品も並ぶ。

 午前9時から開場式があり、古仁屋中学校の2年生44人や関係者が出席。テープカットで開幕を祝った。児童生徒らはシカやキツネなど、奄美では見られない動物の剥製に興味津々。マイナス196度の液体窒素を使い、数秒でバラの花を凍らすと驚きの声を上げた。

 池地小4年の児童(10)は「キツネは初めて見た。足首が長い」。古仁屋中2年の生徒(13)は「実験で凍ったバラを握った。パリパリして冷たかった」と笑顔で話した。

 開館時間は午前9時から午後5時(9日は午後4時)まで。8日午後6~8時には、同町の油井岳展望台で星空観察会(申し込みが必要)を予定している。星空観察会の申し込みは電話0997(72)1600瀬戸内町立図書館。イベントの問い合わせは電話0997(72)0363瀬戸内町きゅら島交流館。

関連記事

荘内日報社

新たな毛髪素材開発へ スパイバーとアデランス、共同研究着手

 鶴岡市のバイオベンチャー企業Spiber(スパイバー、関山和秀代表執行役)とアデランス(東京、津村佳宏社長)は19日、新たな毛髪素材の共同研究開発に着手したと発表した。スパイバーが持つ人工構造タン...

紀伊民報社

こいのぼり優雅に泳ぐ みなべの島ノ瀬ダム

 和歌山県みなべ町東神野川の島ノ瀬ダムに、こいのぼりが設置され、優雅に泳いでいる。  こいのぼりは住民から寄付されたもので、ダムを管理する南紀用水土地改良区で保管している。毎年、サクラの時季の...

生徒が手作り「弁当の日」 鹿児島、大島北高71人が挑戦

 奄美市笠利町の鹿児島県立大島北高校(新山剛校長)で19日、生徒たち自身が弁当を作り学校に持っていく取り組み「弁当の日」があった。1・2年生71人が弁当を持参。毎日、食事を作ってくれる人に感謝し...

観光大使に小谷さん、伊集院さん 沖永良部フラワーフェス

 第39回フラワーフェスティバル(鹿児島県和泊町商工会青年部主催)は17日夜、和泊中学校体育館であり、地元団体や沖縄県から来島した出演者らによる歌や踊りで盛り上がった。2019年度おきのえらぶ島...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク