全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

托鉢 良い正月へ助け合い 茅野市仏教会

托鉢に向け真徳寺を出発する僧侶ら

 茅野市仏教会(吉田英也会長)は6日、「歳末助け合い托鉢」を行った。さまざまな境遇にいる人たちに少しでも良い正月を迎えてもらおうと50年以上続く師走恒例の活動。今年は泉野地区で行い、市内21カ寺の住職と副住職、地元の檀信徒総代ら30人余りが家々を回って浄財を募った。

 関係者は午前8時半に豊平の真徳寺に集まり分担を確認して出発。大日影、上槻木、下槻木、小屋場、中道、若葉台の計645戸を回った。1世帯500円を目標に、事前に総代らが封筒を配って協力を呼び掛け、用意して待っている家もあった。住職らは玄関先でお経を唱え家内安全などを祈っていた。

 集めた浄財は、市内の福祉施設(寿和寮、ふれあいの里)への慰問金と、生活保護家庭や児童福祉施設の児童生徒に贈る文具代に充てられる。

関連記事

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止め...

漂着ごみ186キロ収集 龍北中生らリサーチきょら活動 龍郷町

 鹿児島県奄美大島龍郷町の龍北中学校(山縣祥美校長、生徒7人)と奄美海上保安部は23日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみを調査する「リサーチきょら活動」を実施した。生徒たちは教諭9人、海保職員4人と共に...

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

宇部日報社

児童がカヌー体験、小野湖で自然満喫

 小野小(河口龍裕校長)の3~6年生14人が22、23の両日、小野湖でカヌーを体験した。20年以上続く恒例行事で、2日目はアクトビレッジおのまで約2㌔の行程を往復。パドルの動かし方を確認しながら...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク