全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

パラ世界陸上大会メダリストが授業

池田選手が豊橋の嵩山小で  ロンドン2017パラリンピック世界陸上大会400㍍リレー銅メダリストの池田樹生選手(22)が、豊橋市立嵩山小学校を訪れ、5、6年生を対象にしたスポーツ義足体験授業「ユニバーサル・ラン」で講師を務めた。  住宅設備メーカーのLIXIL(リクシル、東京都)が17年4月から、出前授業として「東京2020公認教育プログラム」を全国で展開しており、愛知県内では初の試み。  池田選手はまず、自己紹介で、生まれつき右の膝下がなく、指は右手が1本で、左手が3本であることを話した。続いて、右足の義足を簡単に外せることを見せ、再び義足を着け、義足と足の間の空気を抜くとピタッとくっついて走っても外れないことを説明した。  不思議そうに見入る児童たちに、池田選手は義足を外した足を触ってみることを提案。最初に大塚啓美校長(58)がじっくりと触って感触を確かめると、児童たちも次々と生き生きとした表情で触った。

 また、義足には、日常用とスポーツ用があり、児童たちは手に持って重さの違いを確認。スポーツ用はかかとの部分がないため軽いという。  スポーツ用の義足を着けた生徒たちは、大人の支えを受けながら歩行を体験、その大変さを実感した。  池田選手は「東京オリンピックまで残された時間を最高の準備に使い、最高の競技をしたい。あと10年は選手として頑張り、26年のアジア大会にも出場したい。試合ではあまりアジアの選手を見かけないので、アジアの人に義足を普及させて、眠っている選手を発掘したい。そのためにも、今は自分の結果をとにかく出したい」と今後の目標を語った。  大塚校長は「障害はマイナスでなく個性。『障害のある方から何かを学ばせていただきなさい』と児童たちには話してきました。苦手なところを道具で補えばプラスになる。多様性、共生を大切にしたい」と話した。

関連記事

郡内各地で「十六日祭」 親族ら墓前に集い先祖供養

 後生(グソー)の正月と言われる旧暦1月16日の伝統行事「十六日祭」が20日、郡内各地の墓地で行われた。  郡内の各学校は午後から休みとなり、墓前には家族や親戚が集い、ごちそうを詰めた重箱や酒な...

長野日報社

にぎわい回復期待 アーク諏訪「ツルヤ」開店

 諏訪市のJR上諏訪駅東口開発事業で建設した商業ビル「アーク諏訪」1階に21日、核店舗で諏訪地域初進出となるスーパー「ツルヤ」(小諸市)の上諏訪店が開店した。2階にはテナントとして3店舗が同時...

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク