全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

パラ世界陸上大会メダリストが授業

池田選手が豊橋の嵩山小で  ロンドン2017パラリンピック世界陸上大会400㍍リレー銅メダリストの池田樹生選手(22)が、豊橋市立嵩山小学校を訪れ、5、6年生を対象にしたスポーツ義足体験授業「ユニバーサル・ラン」で講師を務めた。  住宅設備メーカーのLIXIL(リクシル、東京都)が17年4月から、出前授業として「東京2020公認教育プログラム」を全国で展開しており、愛知県内では初の試み。  池田選手はまず、自己紹介で、生まれつき右の膝下がなく、指は右手が1本で、左手が3本であることを話した。続いて、右足の義足を簡単に外せることを見せ、再び義足を着け、義足と足の間の空気を抜くとピタッとくっついて走っても外れないことを説明した。  不思議そうに見入る児童たちに、池田選手は義足を外した足を触ってみることを提案。最初に大塚啓美校長(58)がじっくりと触って感触を確かめると、児童たちも次々と生き生きとした表情で触った。

 また、義足には、日常用とスポーツ用があり、児童たちは手に持って重さの違いを確認。スポーツ用はかかとの部分がないため軽いという。  スポーツ用の義足を着けた生徒たちは、大人の支えを受けながら歩行を体験、その大変さを実感した。  池田選手は「東京オリンピックまで残された時間を最高の準備に使い、最高の競技をしたい。あと10年は選手として頑張り、26年のアジア大会にも出場したい。試合ではあまりアジアの選手を見かけないので、アジアの人に義足を普及させて、眠っている選手を発掘したい。そのためにも、今は自分の結果をとにかく出したい」と今後の目標を語った。  大塚校長は「障害はマイナスでなく個性。『障害のある方から何かを学ばせていただきなさい』と児童たちには話してきました。苦手なところを道具で補えばプラスになる。多様性、共生を大切にしたい」と話した。

関連記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク