全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

パラ世界陸上大会メダリストが授業

池田選手が豊橋の嵩山小で  ロンドン2017パラリンピック世界陸上大会400㍍リレー銅メダリストの池田樹生選手(22)が、豊橋市立嵩山小学校を訪れ、5、6年生を対象にしたスポーツ義足体験授業「ユニバーサル・ラン」で講師を務めた。  住宅設備メーカーのLIXIL(リクシル、東京都)が17年4月から、出前授業として「東京2020公認教育プログラム」を全国で展開しており、愛知県内では初の試み。  池田選手はまず、自己紹介で、生まれつき右の膝下がなく、指は右手が1本で、左手が3本であることを話した。続いて、右足の義足を簡単に外せることを見せ、再び義足を着け、義足と足の間の空気を抜くとピタッとくっついて走っても外れないことを説明した。  不思議そうに見入る児童たちに、池田選手は義足を外した足を触ってみることを提案。最初に大塚啓美校長(58)がじっくりと触って感触を確かめると、児童たちも次々と生き生きとした表情で触った。

 また、義足には、日常用とスポーツ用があり、児童たちは手に持って重さの違いを確認。スポーツ用はかかとの部分がないため軽いという。  スポーツ用の義足を着けた生徒たちは、大人の支えを受けながら歩行を体験、その大変さを実感した。  池田選手は「東京オリンピックまで残された時間を最高の準備に使い、最高の競技をしたい。あと10年は選手として頑張り、26年のアジア大会にも出場したい。試合ではあまりアジアの選手を見かけないので、アジアの人に義足を普及させて、眠っている選手を発掘したい。そのためにも、今は自分の結果をとにかく出したい」と今後の目標を語った。  大塚校長は「障害はマイナスでなく個性。『障害のある方から何かを学ばせていただきなさい』と児童たちには話してきました。苦手なところを道具で補えばプラスになる。多様性、共生を大切にしたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

なでしこ熊野で必勝祈願

 6月にフランスで開幕するサッカーの女子ワールドカップ(W杯)に出場する「なでしこジャパン(日本女子代表)」の必勝祈願祭が17、18の両日、熊野三山一寺であった。日本サッカー協会の役員や地元関係...

ビーチウエディングに感動 奄美大島 関西の寺﨑さん

 「大好きな用集落でビーチウエディングを」。寺﨑伸一郎さん(38)=兵庫県、下浦由稀さん(25)=奈良県=の結婚式が18日、鹿児島県奄美市笠利町用集落の海岸で執り行われた。来島した新郎新婦の親族...

あふれる菜の花 音更・黒田農場

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

条例制定で検討委 竹富町観光案内人 順守事項など盛り込む

 竹富町観光案内人条例(仮称)制定検討委員会の第1回会議が18日、竹富町役場で開かれた。条例は、町内の貴重な自然環境やその生態系を守り、保全と活用の両立を実現させるため自然観光ガイドの届け出制や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク