全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

風変わりな神事 鯛釣りや芋洗い

鯛の形をした板を糸に付け釣りのまねをする「鯛釣り神事」(5日、古座川町小森川で)

 800年の歴史があると伝わる和歌山県古座川町小森川の神玉神社で5日、例祭が営まれた。住民の高齢化などで存続が危ぶまれていたが「鯛釣り」「芋洗い」など5種類の風変わりな神事が無事営まれ、関係者を喜ばせた。

 同神社は、平家の落人が熊本県から町内に勧請したと伝わっている。1630年に小森川奥の奥番という集落に移転されたが、廃村となったため、1942年に現在の場所に移された。天児屋根命(あめのこやねのみこと)と諏訪大神を祭っている。
 小森川には現在、区長の野口晃さん(88)と妻たつゑさん(80)しか住んでおらず、祭りは出身者や地域外で暮らす子や孫、ボランティアらが協力して続けている。昨年まで祭り番を務めていた晃さんの体調が悪いため、今年は例祭を営まない予定だったが、息子の貢盟さん(56)=串本町潮岬=らが神事の内容を知る小森川出身の水口久さん(91)=古座川町池野山=に頼み、快諾を得た。他ではあまり見られない特殊な神事は、昨年は「鯛釣り」だけだったが、今年は全てを営むことができた。
 祭りは午前10時から始まり、井谷正守宮司(64)が祝詞を読み上げ、参列者が神前に玉串を奉納。鯛釣り神事では、水口さんが鯛の形をした板を糸先に結んだ竿(さお)を手に「東の海で釣ろうか、西の海で釣ろうか」などと釣り上げるしぐさを繰り返し「赤鯛九つ、白鯛九つ、黒鯛九つ、合わせて三九・二十七釣りました」と言い、参列者が「大漁」と声を上げた。
 湯にササを入れてかき回し、氏子たちに熱湯をかぶせる「湯立神事」、矢を2本放って1本を宮司に預ける「鳥追い神事」、芋を洗うまねをする「芋洗い神事」、境内を時計回りに3周して柿の種を投げる「柿の種神事」も営み、最後に餅をまいた。
 水口さんは「神事は昔から見ていたので覚えていたが、やるのは初めてで少し緊張した」、井谷宮司は「特殊神事が復活できてよかった」、貢盟さんは「天気が良く、約50人が集まってくれてよかった。できる限り祭りを続けていきたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク