全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

そば簾お目見え 新得町で年越し用ピーク

お歳暮や年越し用のそばの製造がピークを迎えた新得物産。工場の乾燥室には「そば簾」が登場

 そばどころの新得町で、年越し・歳暮用のそば作りがたけなわだ。道内大手の新得物産(町基線104、清水輝男社長)では、製麺工場の乾燥室に見事な「そば簾(すだれ)」がお目見えし、年の瀬の風情を漂わせている。

 年間生産量450トンのうち、3分の1が11、12月に集中するため、人員を増やして慌ただしく作業を進めている。つるされたそばは1本3メートルほどで、冷風低温の乾燥室内を24時間かけて移動する。ゆっくりと乾かすのは、風味を損なわないためだ。

 麺は裁断して包装・箱詰め後、大みそかに向けて28日のぎりぎりまで、道内百貨店やスーパーなどに出荷が続く。この時期は、個人客からのインターネット注文も増えている。

 夏の長雨や秋の収穫期を直撃した台風により、道産ソバの記録的不作が伝えられる中、新得産は例年通りの収量を確保。味・香りともに最高という。清水社長は「年越しは、おいしい新得そばを味わって」とPRしている。

関連記事

ぷらっと広場でラーメン 「古里の力に」 陸別

 陸別町出身の工藤篤史さん(43)が、商業活性化施設「コミュニティプラザ☆ぷらっと」(町大通)内の1階フリースペース「ぷらっと広場」に、コミュニティカフェ「K’Sキッチン」をオープンさせた。「古里の...

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク