全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

そば簾お目見え 新得町で年越し用ピーク

お歳暮や年越し用のそばの製造がピークを迎えた新得物産。工場の乾燥室には「そば簾」が登場

 そばどころの新得町で、年越し・歳暮用のそば作りがたけなわだ。道内大手の新得物産(町基線104、清水輝男社長)では、製麺工場の乾燥室に見事な「そば簾(すだれ)」がお目見えし、年の瀬の風情を漂わせている。

 年間生産量450トンのうち、3分の1が11、12月に集中するため、人員を増やして慌ただしく作業を進めている。つるされたそばは1本3メートルほどで、冷風低温の乾燥室内を24時間かけて移動する。ゆっくりと乾かすのは、風味を損なわないためだ。

 麺は裁断して包装・箱詰め後、大みそかに向けて28日のぎりぎりまで、道内百貨店やスーパーなどに出荷が続く。この時期は、個人客からのインターネット注文も増えている。

 夏の長雨や秋の収穫期を直撃した台風により、道産ソバの記録的不作が伝えられる中、新得産は例年通りの収量を確保。味・香りともに最高という。清水社長は「年越しは、おいしい新得そばを味わって」とPRしている。

関連記事

紀伊民報社

最南端でひんやり かき氷いろいろ

 残暑が続く中、和歌山県串本町や古座川町では懐かしい味や和菓子店が作る本格派、地元産の素材にこだわった高級路線など、個性的な味わいのかき氷が人気を集めている。  串本町西向の「海出」は、夏季限定...

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

荘内日報社

「つるおか麦きり」をPR

 鶴岡名物の麦きりを観光客や市民にアピールしようと、鶴岡市麺類食堂組合(菅原原組合長)と庄内そば麦切り研鑽会(菅原原会長)などは新たに、麦きり提供店舗の目印とするのぼり旗「つるおか麦きり」を作製し...

清水高の長屋さん大澤さん優秀賞 スイーツ全道コン

 道内高校生のスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2019」(実行委員会主催)の本選が4日、三笠市の三笠高校生レストランで行われ、清水高校の作品「十勝の雪どけ」が第2位に当たる優秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク