全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大樹町ふるさと納税でロケット支援 14日開始

ふるさと納税を活用し、町が支援を開始するISTの実験場

 大樹町はロケット開発に取り組むベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)を支援するため、ふるさと納税制度を活用してインターネットで資金を集める「ガバメント・クラウドファンディング(GCF)」を14日に開始する。

 町は30年以上前から「宇宙のまちづくり」に取り組んでいる。これまでも、ふるさと納税の使い道に「航空宇宙産業基地の誘致促進に関する事業」の選択肢があったが、GCFでは町内に本社を置くISTの支援を明確に打ち出した。

 町は今回のGCFを「宇宙のまちづくり応援プロジェクト」と位置付けて、ISTへの寄付を募る。集まった寄付金は全額が補助金として交付され、現在開発中の観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機や近年中の打ち上げを目指す人工衛星用ロケットの開発、各種実験、工場増築などの費用に充ててもらう。

 町は「ISTの環境整備を支援することで、町内の宇宙関連産業の活性化や雇用創出などにつながる」(企画商工課)と期待する。

 返礼品は町の名産品セットやISTの工場見学ツアーなどを予定している。

 寄付を募る期間は14日から来年1月31日まで。寄付額は1万円から。目標金額は4000万円。達成しなかった場合も集まった額をISTに渡す。町のホームページから申し込む。

 ISTは「ふるさと納税からの支援は大変ありがたい。MOMO3号機の打ち上げに向けて弾みがつく」としている。

 管内でGCFを活用する例としては、池田町のワイン城改修などがある。宇宙関連企業を応援するケースは、愛知県碧南市がスペースプレーンの開発を行っている民間企業「PDエアロスペース」への支援をGCFで行っている。

 IST独自では、北海道を応援するキャラクター「雪ミク」とコラボレーションしたCFを運営サイト「ACT NOW」で31日まで実施している。

関連記事

紀伊民報社

なでしこ熊野で必勝祈願

 6月にフランスで開幕するサッカーの女子ワールドカップ(W杯)に出場する「なでしこジャパン(日本女子代表)」の必勝祈願祭が17、18の両日、熊野三山一寺であった。日本サッカー協会の役員や地元関係...

ビーチウエディングに感動 奄美大島 関西の寺﨑さん

 「大好きな用集落でビーチウエディングを」。寺﨑伸一郎さん(38)=兵庫県、下浦由稀さん(25)=奈良県=の結婚式が18日、鹿児島県奄美市笠利町用集落の海岸で執り行われた。来島した新郎新婦の親族...

あふれる菜の花 音更・黒田農場

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

条例制定で検討委 竹富町観光案内人 順守事項など盛り込む

 竹富町観光案内人条例(仮称)制定検討委員会の第1回会議が18日、竹富町役場で開かれた。条例は、町内の貴重な自然環境やその生態系を守り、保全と活用の両立を実現させるため自然観光ガイドの届け出制や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク