全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大樹町ふるさと納税でロケット支援 14日開始

ふるさと納税を活用し、町が支援を開始するISTの実験場

 大樹町はロケット開発に取り組むベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)を支援するため、ふるさと納税制度を活用してインターネットで資金を集める「ガバメント・クラウドファンディング(GCF)」を14日に開始する。

 町は30年以上前から「宇宙のまちづくり」に取り組んでいる。これまでも、ふるさと納税の使い道に「航空宇宙産業基地の誘致促進に関する事業」の選択肢があったが、GCFでは町内に本社を置くISTの支援を明確に打ち出した。

 町は今回のGCFを「宇宙のまちづくり応援プロジェクト」と位置付けて、ISTへの寄付を募る。集まった寄付金は全額が補助金として交付され、現在開発中の観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機や近年中の打ち上げを目指す人工衛星用ロケットの開発、各種実験、工場増築などの費用に充ててもらう。

 町は「ISTの環境整備を支援することで、町内の宇宙関連産業の活性化や雇用創出などにつながる」(企画商工課)と期待する。

 返礼品は町の名産品セットやISTの工場見学ツアーなどを予定している。

 寄付を募る期間は14日から来年1月31日まで。寄付額は1万円から。目標金額は4000万円。達成しなかった場合も集まった額をISTに渡す。町のホームページから申し込む。

 ISTは「ふるさと納税からの支援は大変ありがたい。MOMO3号機の打ち上げに向けて弾みがつく」としている。

 管内でGCFを活用する例としては、池田町のワイン城改修などがある。宇宙関連企業を応援するケースは、愛知県碧南市がスペースプレーンの開発を行っている民間企業「PDエアロスペース」への支援をGCFで行っている。

 IST独自では、北海道を応援するキャラクター「雪ミク」とコラボレーションしたCFを運営サイト「ACT NOW」で31日まで実施している。

関連記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク