全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

おせちに「三河本ハゼ甘露煮」

 正月に向けて、佃煮や甘露煮を製造・販売する豊川市御津町の平松食品御津工場で「三河本ハゼ甘露煮」作りが始まっている。

 三河湾で水揚げされたハゼが解凍され、ハラ出し、串打ち、焼き上げ、蒸気釜での炊き上げ、タレをかけてパックに詰める作業が、濃厚な味付けのため3日間の工程で進められている。  昨年から始めた抹茶製造に使う碾(てん)茶を用いた「お茶炊き製法」を導入しており、魚独特の臭みを薄くした。今年は8月から入荷を始め、少し大きめで、昨年から倍以上の約720㌔が集まった。浜名湖からも約200㌔を入荷した。  ハゼの甘露煮はおせち料理に欠かせない一品で、ハゼの顔が翁に似ていることで「長寿」に縁起がいい他、泳ぎが速いことから「目標達成」にもご利益がある。同社取締役商品企画本部長の平松大地さんは「1口サイズの食べやすい大きさもあるので、縁起物として年末年始の食卓で囲んでほしい」と話している。  豊橋市梅薮町の直営店では三河産(75㌘)を520円で売る他、今月中旬からはサンヨネやAコープでの販売も予定する。

関連記事

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク