全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡市新ごみ焼却施設本格着工

 鶴岡市の新ごみ焼却施設の整備・運営事業建設安全祈願祭が3日、同市宝田三丁目の市クリーンセンター敷地内で行われた。民間事業者に設計、建設、運営を一括発注するDBO(デザイン・ビルド・オペレート)方式を同市で初めて導入した。2021年4月の稼働を目指す。

 1989(平成元)年から稼働している現在の施設の老朽化に伴い、管理棟や駐車場があった場所に鉄骨造り(一部鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造り)地上5階、地下2階建て延べ床面積約8000平方メートルの新施設を整備する。煙突の高さは59メートル。現在と同じストーカ式燃焼炉2炉を備える。1日処理能力は現行の165トンに対し、ごみ減量化対策の推進や人口減少により160トンとした。焼却の余熱利用に向け蒸気タービン発電機(3020キロワット)を設け、施設内の電力や敷地内のロードヒーティングに利用するほか、余剰電力は売電を計画している。

 建設事業費は127億9476万円で、国から3分の1の補助を受ける。設計・施工は日立造船・佐藤工務・鶴岡建設特定建設工事共同企業体が担う。21年4月の稼働から20年間の運営業務は、日立造船グループを中心に出資し今年2月に設立した特別目的会社「つるおかエコ・アース」が行う。20年間の業務委託料は85億2830万円。

 祈願祭には発注者の市をはじめ近隣の企業、町内会、工事監理、施工業者ら関係者約60人が出席し、皆川治市長と齋藤久市議会議長による鍬(くわ)入れなどが行われた。皆川市長は祈願祭後のあいさつで、「民間の創意工夫を引き出して運営する施設になる。新しい時代のごみ焼却施設として無事完成することを祈念する」と述べた。

 鶴岡市は新施設でも現行通り、三川町の可燃ごみ焼却処理を受託する。両市町は新施設建設を含めた新たなごみ処理受委託料について協議を重ねており、19年度には一定のめどを付けたいとしている。

21年4月の稼働を目指す新ごみ焼却施設の完成予想図(上) 安全祈願祭で鍬入れする皆川市長(右)と齋藤議長

関連記事

長野日報社

壁に花を ハンギングバスケットづくり講習会

 長野県伊那市の伊那まちバラ咲く街角連絡協議会は19日、バラ以外の草花で壁掛け式の「ハンギングバスケット」をつくる講習会を同市荒井のセントラルパークで開いた。市内の生花店「サンスイ」から講師を...

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク