全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

大型天体望遠鏡の見え具合を確認するメンバー

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径450ミリの大型反射望遠鏡で、同館市民研究員天文グループのメンバーが館外に望遠鏡を出し星空を観察。観望会に使えることを確認した。

 この望遠鏡は全国展開する大手空調メーカーが同市蓼科の保養所に設置していた。保養所によると、社員が長年活用していていたが古くなりオーバーホールして「見える状態にして」10年ほど前に寄贈したという。市民研究員によると、望遠鏡は1990年代に米国のメーカーが製造したとみられ、参考価格は188万円だった。一部で不具合があるものの、保存状態は良いという。

 同館は、観望会を同市北部生涯学習センターの天体望遠鏡を利用して定期的に開いている。望遠鏡が故障したため館内の望遠鏡を点検している際、見付けた。口径が大きいほど、周囲の細かな星までくっきり観察できるといい、11月の観望会で試験的に使用。12月15日の観望会で本格的に使えるか検討していた。

 1日には、望遠鏡を夜空に向け市民研究員がアンドロメダ星雲などを観察。白鳥座のくちばしに当たる二重星のアルビレオのオレンジ色と青色の二つの星も確認した。市民研究員の岩波和久さん(55)=岡谷市長地柴宮=は「これまで以上に今まで見えないものが見えてくる」と話し、眠っていた望遠鏡の活用に期待した。

 15日の観望会は、ほかの天体望遠鏡も用意。若宮崇令館長が解説し、研究員メンバーが補助して星空を観察する。参加は無料だが、事前申し込みが必要。問い合わせは同館(電話0266・73・0300)へ。

関連記事

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

紀伊民報社

福祉に関心を ふれあい文化祭

 和歌山県田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨアリーナで16日、第25回ふれあい文化祭(実行委員会主催)が始まった。舞台発表や飲食物の販売などがあり、多くの人でにぎわっている。17日まで。  ...

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

ふれあいパーティー楽しむ やまねこマラソン

 第26回やまねこマラソンふれあいパーティー(竹富町体育協会主催)が9日、西表西部の中野わいわいホールで行われた。  夏のような日差しの下、汗だくで走ったランナーたちは、ビールや泡盛を手に、恒例...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク