全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

小坂井高校で人権講話

「前向きな言葉大切」がん闘病者の工藤さん

 豊川市の県立小坂井高校(高畑尚弘校長)は3日、人権週間に合わせた人権講話を開催した。全校生徒876人と父母らを対象に、がんで余命1カ月と宣告されながら奇跡的な回復を果たした工藤房美さん(60)が「遺伝子スイッチ・オンの奇跡」と題して講演し、常に前向きな姿勢で取り組む大切さを説いた。  工藤さんは48歳の時に子宮頸がんと診断され、進行度から医師には余命1カ月と宣告された。大変な痛みを伴う放射線治療で入院中、筑波大学名誉教授の村上和雄さんの著書「生命の暗号」を読み「一人の人間が生まれてくるのは70兆分の1の奇跡」「人間のDNAで働いているのは5%足らず」などの記述に感銘を受けた。  「自分や家族だけでなく、周りの人や世界中の人までも愛おしく感じるようになった」。自分自身の細胞を奮い立たす意味で、体に「ありがとう」と何度も言葉をかけていると、不思議なことに放射線治療では痛みを感じなくなった。また、がんが転移していた肺や肝臓の抗がん剤治療にも前向きな言葉を口に出し続けて臨んだ結果、余命宣告から10カ月後にがんが消滅したという。  完治した後は村上さんの後押しもあり、自身の体験談をつづった「遺伝子スイッチ・オンの奇跡『ありがとう』を十万回唱えたらガンが消えました!」を出版。熊本県でカレーハウスを経営しながら、国内各地で講演活動を行っている。  生徒らには「人間には無限大の力がある。それを発揮して夢や目標を叶えていってほしい。プラスな言葉と感謝の気持ちを持っていれば、どんな願いでも必ず叶うんです」と呼び掛けた。

関連記事

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク