全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

小坂井高校で人権講話

「前向きな言葉大切」がん闘病者の工藤さん

 豊川市の県立小坂井高校(高畑尚弘校長)は3日、人権週間に合わせた人権講話を開催した。全校生徒876人と父母らを対象に、がんで余命1カ月と宣告されながら奇跡的な回復を果たした工藤房美さん(60)が「遺伝子スイッチ・オンの奇跡」と題して講演し、常に前向きな姿勢で取り組む大切さを説いた。  工藤さんは48歳の時に子宮頸がんと診断され、進行度から医師には余命1カ月と宣告された。大変な痛みを伴う放射線治療で入院中、筑波大学名誉教授の村上和雄さんの著書「生命の暗号」を読み「一人の人間が生まれてくるのは70兆分の1の奇跡」「人間のDNAで働いているのは5%足らず」などの記述に感銘を受けた。  「自分や家族だけでなく、周りの人や世界中の人までも愛おしく感じるようになった」。自分自身の細胞を奮い立たす意味で、体に「ありがとう」と何度も言葉をかけていると、不思議なことに放射線治療では痛みを感じなくなった。また、がんが転移していた肺や肝臓の抗がん剤治療にも前向きな言葉を口に出し続けて臨んだ結果、余命宣告から10カ月後にがんが消滅したという。  完治した後は村上さんの後押しもあり、自身の体験談をつづった「遺伝子スイッチ・オンの奇跡『ありがとう』を十万回唱えたらガンが消えました!」を出版。熊本県でカレーハウスを経営しながら、国内各地で講演活動を行っている。  生徒らには「人間には無限大の力がある。それを発揮して夢や目標を叶えていってほしい。プラスな言葉と感謝の気持ちを持っていれば、どんな願いでも必ず叶うんです」と呼び掛けた。

関連記事

紀伊民報社

なでしこ熊野で必勝祈願

 6月にフランスで開幕するサッカーの女子ワールドカップ(W杯)に出場する「なでしこジャパン(日本女子代表)」の必勝祈願祭が17、18の両日、熊野三山一寺であった。日本サッカー協会の役員や地元関係...

ビーチウエディングに感動 奄美大島 関西の寺﨑さん

 「大好きな用集落でビーチウエディングを」。寺﨑伸一郎さん(38)=兵庫県、下浦由稀さん(25)=奈良県=の結婚式が18日、鹿児島県奄美市笠利町用集落の海岸で執り行われた。来島した新郎新婦の親族...

あふれる菜の花 音更・黒田農場

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

条例制定で検討委 竹富町観光案内人 順守事項など盛り込む

 竹富町観光案内人条例(仮称)制定検討委員会の第1回会議が18日、竹富町役場で開かれた。条例は、町内の貴重な自然環境やその生態系を守り、保全と活用の両立を実現させるため自然観光ガイドの届け出制や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク