全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

小坂井高校で人権講話

「前向きな言葉大切」がん闘病者の工藤さん

 豊川市の県立小坂井高校(高畑尚弘校長)は3日、人権週間に合わせた人権講話を開催した。全校生徒876人と父母らを対象に、がんで余命1カ月と宣告されながら奇跡的な回復を果たした工藤房美さん(60)が「遺伝子スイッチ・オンの奇跡」と題して講演し、常に前向きな姿勢で取り組む大切さを説いた。  工藤さんは48歳の時に子宮頸がんと診断され、進行度から医師には余命1カ月と宣告された。大変な痛みを伴う放射線治療で入院中、筑波大学名誉教授の村上和雄さんの著書「生命の暗号」を読み「一人の人間が生まれてくるのは70兆分の1の奇跡」「人間のDNAで働いているのは5%足らず」などの記述に感銘を受けた。  「自分や家族だけでなく、周りの人や世界中の人までも愛おしく感じるようになった」。自分自身の細胞を奮い立たす意味で、体に「ありがとう」と何度も言葉をかけていると、不思議なことに放射線治療では痛みを感じなくなった。また、がんが転移していた肺や肝臓の抗がん剤治療にも前向きな言葉を口に出し続けて臨んだ結果、余命宣告から10カ月後にがんが消滅したという。  完治した後は村上さんの後押しもあり、自身の体験談をつづった「遺伝子スイッチ・オンの奇跡『ありがとう』を十万回唱えたらガンが消えました!」を出版。熊本県でカレーハウスを経営しながら、国内各地で講演活動を行っている。  生徒らには「人間には無限大の力がある。それを発揮して夢や目標を叶えていってほしい。プラスな言葉と感謝の気持ちを持っていれば、どんな願いでも必ず叶うんです」と呼び掛けた。

関連記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク