全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

俳優2人思い込め恋文を朗読

ピアノ演奏に乗せて恋文20編を情感豊かに朗読した「シリーズ恋文」公演

 旧二ツ井町が行った「きみまち恋文全国コンテスト」入賞作品をピアノの即興演奏とともに披露する「シリーズ恋文vol・9」公演は2日、能代市二ツ井公民館で開かれた。俳優の石丸謙二郎さんと市毛良枝さんが20編の恋文を情感豊かに朗読し、会場を埋めた約300人の観客は1通1通の手紙に込められた思い、願いに耳を傾けた。 コンテストは、明治天皇が東北巡幸で旧二ツ井町を訪れた際に、夏の長旅を気遣う皇后の手紙が待っていたことから「徯后阪(きみまちざか)」と名付けられたというエピソードにちなんで、旧二ツ井町が6〜15年まで10回にわたって開催した。この10回で全国から合わせて3万4千編の作品が寄せられた。

 「シリーズ恋文」は、岐阜県の可児(かに)市文化芸術振興財団のオリジナル企画として22年に始まったもので、コンテスト入賞作品を俳優陣の朗読とピアノの即興演奏で披露する。今年で9回目で、恋文コンテスト発祥の地・二ツ井での公演は4年目。
 舞台では、恋人同士、妻から夫へ、その逆に夫から妻へ、子どもから母親へなど、愛する人に宛てた20編の「恋文」を、黒木由香さんのピアノ演奏と、詩森ろばさん(シリアルナンバー)の演出によって、石丸さんと市毛さんが時には、手紙中の会話を芝居形式に仕立てて朗々と、そして切々と披露。
 第1回コンテストに80歳で応募し大賞を受賞した柳原タケさん(秋田市、故人)の「天国のあなたへ」もあり、いつまでも色あせない愛情や感謝、思い出の言葉が詰まった作品を、柔らかく温かな朗読で紹介した。
 恋文には、愛する人へ込めたあふれるほどの思いや、つづった人の一生が凝縮され、音楽と効果的な演出によって引き立てられた。会場を埋めた観客は、届かない思いや心が通い合った時の感激、言葉の裏に込められた感情も感じ取り、手紙がつむぐ喜びと切なさ、美しさを楽しんでいた。
 石丸さん、市毛さん、詩森さん、可児市文化創造センター館長の衛紀生さんによるアフタートークもあり、石丸さんは初めて訪れた二ツ井に「ここが『恋文』の原点かと感慨深かった」といい、山好きの一人として「また来て七座山に登ってみようと思った」と話した。
 市毛さんは東日本大震災直後から柳原さんの作品に親しむ縁があったため二ツ井には特別な思いを感じていたといい、「6年ほどの時間の末に、二ツ井町に帰って来ることができた」という言い方で二ツ井公演を行えたことを喜んでいた。

関連記事

紀伊民報社

富田川干上がる アユへの影響心配

 昨年10月以降、和歌山県の紀南地方で雨が少なく、富田川では近年にない大きな瀬切れが起こっている。漁協関係者は「昨秋から雨が少なく、アユのふ化と流下がうまくいったか心配だ。遡上(そじょう)が始ま...

宇部日報社

感謝弁当で恩師を接待

 山口県山陽小野田市の厚狭高(徳田充校長)総合家庭科3年生は17日、松花堂弁当を作り教職員38人に振る舞った。卒業を間近に控えた生徒による恒例行事で、授業で学んだ知識と技術で地元の食材と向き合い...

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設...

長野日報社

平穏祈り恵方に矢 長野県諏訪地方各地で「山の神祭」

 諏訪地方の各地で17日、山の安全や地域の無事平穏を祈る「山の神祭」があった。下諏訪町第三区は町内の国道142号沿いにある山の神社で行い、区役員や町内会長をはじめ区民約70人が参加。手作りの弓矢を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク