全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

広尾産 待ってました 漁協が毛ガニ実演販売

次々とゆで上げられ、会場に並べられる毛ガニ

 毛ガニの大釜ゆで実演販売が2日午前10時から、広尾町内の広尾漁協冷凍工場特設会場で行われ、大勢の人でにぎわった。

 冬の味覚を楽しんでもらおうと同漁協青年部(辻田基樹部長)が主催、同漁協毛がに篭(かご)部会(保志光則部会長)が協賛し、2007年から毎年この時期に行っている。

 十勝沿岸の毛ガニの試験操業は11月23日に開始。この日は新鮮なカニ約2000杯を用意し、二つの大釜で次々とゆで上げた。

 価格は小で1300円から。開始前から400人ほどが並ぶ大盛況となり、カニが飛ぶように売れた。最前列に友人らと並んでいた帯広の下村広美さん(55)は「前日の夜に来た。毎年買うが広尾産は甘みがあっておいしい」と20杯を購入し笑顔。

 辻田部長(34)は「年1回の催しなので、値段は気合と根性で安くした。広尾のカニを多くの人にPRできれば」と話していた。

 同町内では9日午前9時からシーサイドパーク広尾で「広尾毛がにまつり」(町観光協会主催)が開かれる。

関連記事

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕 帯広美術館

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク