全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇宙飛行士の古川さん講演

目を輝かせ聞き入る子どもたち   JAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙飛行士古川聡さんによる講演会が1日、豊橋市のライフポートとよはしであり、市内の小学5、6年生とその家族を中心に約500人が来場した。世界が目指す火星の有人探査の実現について、古川さんは「皆さんが火星に降り立つ世代」と宇宙飛行士への挑戦を促した。  古川さんは2011(平成23)年、国際宇宙ステーション(ISS)に約5カ月半滞在し、ソユーズ宇宙船で帰還した。  「親子で聞こう『宇宙の今と未来』-夢の主役は君だ!」と題して行われた講演会では、次世代を担う子どもたちに対し、宇宙飛行士への道について説明。座学や体力強化、サバイバル訓練などを行うJAXAの宇宙飛行士訓練や、条件として①健康②英語力が堪能③専門分野を持ち他分野への適応性を持つこと-に加えて「みんなと仲良くできることがとても大事」と話した。  ほかにも、ISSでの生活や「きぼう」日本実験棟で行われている実験などを、宇宙から撮影した写真を使いながら報告した。

 質疑応答の時間を長くとり、会場の子どもたちからは次々と手が挙がった。宇宙での音の聞こえ方や味覚の変化については「ISS内では普通に聞こえるが、外は真空なので聞こえない。味覚は変わる人とそうでない人がいて、自分は変わらなかった」などと回答。「宇宙服を着ているときにくしゃみがしたくなったら?」という素朴な疑問には「くしゃみは顔を下に向けてする。顔がかゆくなったらヘルメットの内側にこすりつける」と言い、会場は笑いに包まれた。  また、ISSは少しづつ落ちているため1~2カ月に1回、エンジンで高く上げていることや、古川さんが「宇宙酔い」した経験などを語った。未知の世界である宇宙への恐怖心や不安の克服の方法に関しては「リスクはゼロではないが、宇宙に行くことはそれ以上に価値がある。信頼できる仲間ができる限りやってくれている」と意義について話した。  講演会は、豊橋ちぎりライオンズクラブが創立35周年を記念して実施した。

関連記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク