全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋で東日本大震災追悼集会

和太鼓部が鎮魂の音を響かせた=豊橋駅東口ペデストリアンデッキで

 東日本大震災から7年-。被災地支援を続ける豊橋市の桜丘高校は11日、豊橋駅東口ペデストリアンデッキで追悼集会を開き、風化防止を願い、キャンドルで「伝」の一文字を灯した。被災地交流をきっかけに同校に入学し、昨春巣立った宮城県気仙沼市出身の村上裕次郎さん(19)=大阪市=も、生徒らとともに鎮魂の祈りを犠牲者に捧げた。  現在も、生徒らは年2回ほど気仙沼市を訪問し、被災者との交流や海岸清掃などを行う一方で、毎月11日には豊橋駅前に立ち募金活動を続けている。  夕方から始まった集会では、生徒らが被災地訪問の経験から「忘れてはいけない」「伝え続けなければならない」と決意を披露。5時46分、全員で黙とうを捧げ、天高く響く和太鼓の音と共に歩んでいく未来を誓った。  大阪から駆け付けた村上さんは「支えたい気持ちは向こうの人にも伝わっている。しっかり活動を続けてほしい」と後輩たちに向けて呼び掛けた。  同校の被災地訪問をきっかけに姉の千晶さん(大学生)が桜丘高校へ進学。村上さんも普通科へ入り、和太鼓部に所属しながら募金活動を続け、支援する側として尽力してきた。在学中には、両親が営む旅館がある気仙沼・大島での演奏も果たした。  この日の集会には生徒ら250人以上が参加。「5年を区切りに終わるかと思ってた。何年も前のことを思ってくれてすごい人たちです」と、村上さんは生徒たちの「思い」にまっすぐな言葉が出る。  間もなく大阪の専門学校を卒業し、4月から地元気仙沼市へ戻り夢の料理人を目指して寿司屋に就職する。「今は社会人として一人前の力を身につけられるよう頑張りたい」と前を見据えた。

関連記事

忠類ナウマンゾウ化石 足跡さらに発見を 現地事前調査

 幕別・忠類ナウマンゾウの発掘跡地で、今秋も実施される足跡化石発掘調査の打ち合わせが7日、現地で行われた。関係者が調査区域などを確認し、調査は10月19~22日、同26~28日の2回に分けて行うこ...

宇部日報社

山陽オート、久しぶりに観客入れレース

 山陽小野田市埴生の山陽オートレース場で、8日からGⅡ山陽王座防衛戦が始まった。新型コロナウイルスの感染対策として無観客でレースを開催してきたため、観客を入れてのレースは2月26日のGⅡ若獅子杯争...

釧路新聞社

「釧路の元気」PJ、夏彩る6事業決まる【釧路】

   新型コロナウイルス感染防止のため中止となったものに代わるイベントの創出をと釧路市が創設した「釧路の元気」プロジェクト(PJ)支援交付金事業の採択事業が8日発表され、応募のあった20事業のうち...

神事のみ静かな豊年祭 川平村が来夏世を祈願

 石垣市の豊年祭シーズンの幕開けとなる川平村の豊年祭が8日、赤イロ目宮鳥御嶽(アーラオン)、山川御嶽(ヤマオン)、群星御嶽(ユブィスオン)であった。ことしは新型コロナウイルス感染拡大防止のため...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク