全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

世界基準のホースマンに 帯広畜産大出身鬼窪さんアイルランドへ

アイルランド研修に参加する鬼窪さん(右)。中央は帯畜大馬術部在籍のかつての愛馬「柏輪号」、左は現役馬術部の杢屋長良さん

 帯広畜産大学出身の獣医師鬼窪峻大(としひろ)さん(26)=日高管内新冠町在住=は、来年1月から半年間、世界基準のホースマンを育成するアイルランドの研修に参加する。鬼窪さんは「将来は競馬の本場・欧州の牧場で働き、日本と世界をつなぐ仕事をしたい」と意欲を見せる。

 参加するのは、国営牧場「アイリッシュ・ナショナル・スタッド(INS)」のブリーディングコース。世界的に知られた研修で、世界中から選ばれた若手ホースマン30人が、生産牧場の管理責任者に必要な基礎知識や技術を習得する。研修内容は、生殖器の解剖学やスピード遺伝子、種牡馬の経済学など多岐にわたる。今回、日本からの参加は鬼窪さんのみ。

 INSの研修は1971年に開始。これまでに送り出した800人以上の卒業生は、世界の牧場や厩舎(きゅうしゃ)などで活躍し、ネットワークを構築している。

 神奈川県出身の鬼窪さんは高校時代に競馬の魅力に触れ、帯畜大に進学。馬術部主将を務め、オーストラリアの牧場で働くなど、在学中から世界での活躍を意識していた。2017年3月に卒業し、4月から新冠町のサラブレッド生産牧場「パカパカファーム」に勤務。同牧場は、ダービー馬ディープブリランテなどの活躍馬を生産している。

 アイルランドでは、日本と異なる環境に応じた生産管理方法や、成熟した馬文化の吸収を楽しみにしている。

 世界最高峰とされるアラブ首長国連邦(UAE)の研修コースへの参加が目標で、アイルランドの経験はそのステップにする考え。鬼窪さんは「技術的に欧州に追いつき、日本人ホースマンが世界で働ける環境をつくりたい」と話す。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク