全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

合葬式墓地が完成 市民の関心高く 諏訪市

諏訪市営角間新田墓地内に完成した合葬式墓地

 長野県諏訪市が市営角間新田墓地内で建設工事を進めていた合葬式墓地が完成した。遺骨を共同で納める墓地で、高齢になったり、後継ぎがいなかったりして墓の維持管理が難しくなるなど合葬式の希望者が増えていることに対応する。市生活環境課によると、市民からの問い合わせも多く、関心の高さがうかがえる。来年2月20日に市民向け説明会を行う。4月1日から募集を始め、申請手続きが済み次第、利用できる。

 鉄筋コンクリート造りの平屋で、地下納骨室(カロート)を含めた延べ床面積は約40平方メートル。骨つぼを棚に並べて15年保管する「個別埋蔵」で400体、遺骨を分けずに地下納骨室に納める「共同埋蔵」で1000体を受け入れる。使用料は近隣を参考に個別埋蔵は15年で1人15万円、共同埋蔵は1人5万円に設定する。個別埋葬は15年経過後、地下納骨室に埋葬する。

 対象は市内に本籍または住民票がある人。生前に申し込むことができる。総事業費は約3900万円。

 市が2015年に無作為抽出した50~79歳の市民500人に実施した合葬式墓地に関するアンケートでは、将来的な墓地管理に何らかの不安のある人が約7割に達した。合葬式墓地が必要と答えた人も59%に上った。岡谷市や茅野市、下諏訪町などで合葬式墓地の設置が進んでいることも踏まえて整備した。

 市生活環境課には「いつから募集を開始するのか」といった問い合わせがこれまでに数十件寄せられているといい、「お墓の維持管理が大変になっている人が関心を持っているのでは」としている。

 2月20日の説明会は午後2時と同7時の2回、市文化センターで開く。

 市は開会中の市議会12月定例会に、合葬式墓地の使用料などを定める市墓地条例の改正案を提出している。

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク