全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

松尾芭蕉直筆の句を公開へ

あすから豊橋美博で

 江戸時代の俳人・松尾芭蕉(1644-94年)が、渥美半島で弟子と再会した際に書いた「芭蕉筆『梅つばき・いらご崎』句文懐紙(かいし)」が1日、豊橋市美術博物館で始まるコレクション展で公開される。市民から同館に寄贈を受け、豊橋では初めて披露される。  芭蕉は俳諧の第一人者で、芸術性の高い句風(蕉風)を確立したことから「俳聖」と呼ばれる。東三河に関連する芭蕉の直筆資料は数少なく、貴重だという。  公開されるのは、和歌や俳諧などを書式に従って記録する際に用いる懐紙で句などが記されている。  芭蕉は1687年、罪で名古屋を追放され、現在の田原市保美町に隠れ住んでいたまな弟子の坪井杜国をたずねた。その際、久しぶりに弟子と再会できた喜びを「梅つばき早咲きほめむ保美の里」と表し、一緒に散策した伊良湖岬で「いらご崎にる物もない鷹の声」と詠み、懐紙に記した。  市美術博物館によると、「梅つばき」は杜国の暮らしを思いやっていていると解説。「いらご崎」は、鷹の声を聞き、他に比べるものがないほど感動したという意味で、伊良湖に立つ句碑「鷹ひとつ見つけてうれし伊良湖崎」の初案と言われている。  芭蕉直筆のこの懐紙は、江戸時代後期に俳人たちが実際に見るなど、その存在が古くから知られていた。杜国ゆかりの俳諧仲間らから、その後、吉田藩の御用商人だった豊橋の松坂家が所持。受け継いできた藤井里子さん(豊橋市内在住)が昨年度、市美術博物館に「大事な物なので永久保存してください」と寄贈した。  芭蕉直筆の懐紙はB4判ほどの大きさで、保存状態はいいという。展示されるコレクション展は1日から来年2月10日まで。観覧無料。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク