全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ワサビを水耕栽培

奥真妻活々倶楽部が導入した水耕栽培の施設(印南町上洞で)

 和歌山県印南町上洞区で地域おこしに取り組んでいる住民団体「奥真妻活々(いきいき)倶楽部」(太田敏彦代表)が、水耕栽培でワサビを育てる設備を導入。現在は試験栽培の段階で、葉が収穫できるまでに育っている。将来は加工品として販売する予定で収益アップに期待している。

 同倶楽部は、地元にあった商店が閉店したことから、その場所で雑貨や食料品などを販売している。
 この辺りは、ワサビの高級品として知られる「真妻わさび」の発祥の地。同倶楽部が収入源の一つにワサビを使った新商品を考え、大洋化学(御坊市島)が葉野菜の栽培用に開発した「水耕栽培棚」を導入することにした。
 購入に当たり「公益財団法人わかやま地元力応援基金」の「印南まちづくり基金」から助成金を活用。10月に店の裏にある空き家の一部屋(約20平方メートル)を借りて水耕栽培棚を設置し「マヅマ1号」という品種の苗約280株と、真妻ワサビの原種といわれている苗約20株も定植した。
 部屋は機械制御で室温と水温が一定に保たれ、大洋化学の製品の発光ダイオード(LED)で照らしている。栽培管理責任者の龍田猛さん(65)や、同倶楽部のメンバーで設備の導入に携わった「真妻わさび振興協議会」の前田憲男さん(56)によると、自然栽培に比べて栽培が容易で天候に左右されず病害虫被害の心配もないという。
 茎はまだ大きくないが、葉は順調に育っている。太田代表(74)によると、本格的な収穫と販売はまだ先。葉と茎は塩漬け後に真空パックにして冷蔵保存でき、加工品として同店で販売しているみそに入れたり、めはりずしのタカナの代わりにワサビの葉を使うなどした「ワサビずし」に利用したりする方法を考えているという。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク