全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広市の非常食備蓄 6000人分 被害見直しで拡大検討

市が災害時に備えて備蓄する非常食

 帯広市が災害発生時に備えて備蓄する非常用食料は1万8000食。6000人分と想定しての換算だ。市は年次計画を立て、保存期間を過ぎたものは防災訓練などの際に市民に提供し、新しいものを購入して毎年更新している。

 市が備蓄する非常食は、熱湯を注いで食べるアルファ米や野菜シチュー、チキンシチュー、クラッカーの4種類。それぞれ5年の更新期限が設定されており、毎年3600食分を入れ替えている。また2016年夏の台風被災時には、約2200食を使用した。

 処分する非常食は、市が実施する地域防災訓練で配布する他、町内会が行う防災訓練にも提供している。口にした市民からは「意外と簡単にできる」「思っていたよりおいしい」などの声も聞かれる。

 現在の備蓄量は、1998年に旧自治省がまとめた報告書に基づき、市の人口から割り出している。一方2月には、道が新たな地震被害の想定を発表したことを受け、市は今後非常食の備蓄量を増やすことも検討している。

 市は各家庭で3日分の備蓄を呼び掛けており、市総務課は「市の備蓄は最低限。災害に備え市民各自でも用意してほしい」としている。

関連記事

宇部日報社

「雲谷庵跡」のかやぶき屋根のふき替え作業

 室町時代に活躍した画僧、雪舟の工房があった山口市天花1丁目の市史跡「雲谷庵跡」のかやぶき屋根のふき替え作業が10日、始まった。岡山県早島町の職人2人が年内に仕上げる。改修後の公開は来年2月1日...

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演 幕別

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテ...

101年ぶりの新種と判明 石垣島沖の深海で採取 15年飼育のイソギンチャク..

 沖縄美ら海水族館で約15年にわたり人知れず飼育されてきたイソギンチャクが新種「Synactinernus churaumi」だったと分かった。東京大学などの研究グループが10日付の日本動物学会の学会誌(電子版)に発表し...

釧路新聞社

管内初のマンホールカード【別海】

別海町は14日からマンホールのふたをデザインしたコレクションカード「マンホールカード」を発行する。同カード発行は根室管内では初。2000枚を用意し、役場庁舎で申請を受け、アンケート回答後に手渡す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク