全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

実証プロジェクトの取り組み紹介

 山形大農学部などが地域食料自給圏をつくり農村の活性化を目指す「庄内スマート・テロワール」の豊穣(ほうじょう)感謝祭が27日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれ、実証プロジェクトの取り組み紹介や地産地消に向けた意見交換などが行われた。

 スマート・テロワールは大手食品メーカー・カルビー(東京)の故松尾雅彦元会長が提唱した農村の未来像。同学部は松尾元会長の支援を受けて2016年度に寄付講座を開設し、地域食料自給圏の形成を目標として教育・研究活動を展開している。3年目を迎え、開発したハムやソーセージなどの畜肉加工品は地元のスーパーで販売を始めている。

 同学部が主催した豊穣感謝祭には関係者ら約100人が出席。取り組み紹介では同学部の浦川修司教授が農産物の規格外品を飼料に活用して豚を飼育する耕畜連携システムで開発した加工食品について紹介。「今後、畑作農家や畜産農家、加工メーカーなどの収益性を提示するとともに消費者を含めた地域住民と連携が必要」と話した。

 また、同学部の桑原良樹助教は庄内地域の加工食品の消費動向についてのアンケート結果を報告。「調査結果を分析し、ニーズに対応した庄内地域産の大豆・バレイショ加工食品の開発と提供につなげたい」と述べた。

 試食会では山形大ブランドのハムやウインナー、月山高原産大豆で作った豆腐料理などが提供された。

庄内スマート・テロワールの豊穣感謝祭が開かれ、実証プロジェクトの取り組みが報告された

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク