全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

50年ぶりに「馬はらす」 小浜島の種子取祭で復活

約半世紀ぶりに披露した小浜島種子取祭での馬はらす。地域住民は伝統行事の復活を喜んだ=27日午前、小浜島集落内

 【小浜】ことし1年の豊作と地域住民の無病息災を祈願する国指定の重要無形文化財「種子取祭(タナドゥル)」が26日から2日間行われた。祭祀(さいし)2日目の27日午前、約50年ぶりに「馬はらす」が復活。小浜小中学校前から集落にかけ県道210号線を勇ましく駆け抜ける馬の姿に、集まった住民や観光客から拍手や歓声が上がった。

 種子取祭は2007年に結願祭、旧盆と一括して「小浜島の芸能」として同文化財に指定された。初日は、島の各御嶽で神司と氏子がアヨーを歌い祈願をささげ、2日目に弥勒、福禄寿の家元で祝宴をする。

 馬はらすには、3頭の馬が肢運びの美しさを競い、小浜愛馬会の会員らが見事な手綱さばきを披露。公民館役員や青年会、中学生らも乗馬を体験し伝統に触れた。

 花城正美公民館長によると、馬はらすは公民館や青年会を中心に復活を計画。「馬はらすを見て互いに無病息災を願ってもらいたい。今回の復活を機に来年以降は青年会を中心として継続できれば」と伝統行事の継承に期待した。

 初めて馬はらすを見た仲盛恵理さん(中学3年)は「おばあちゃんに聞いたことはあったが、生で見ると迫力があった」、岡田茉里那さん(同)は「島にも馬はいるが、こんなに近くで見たことはなかった。走っている姿が格好いい」とそれぞれ感想を話した。

関連記事

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕 帯広美術館

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク