全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

楽器寄贈寄付金付き自販機設置 諏訪市児童センター

諏訪市児童センターに設置された楽器寄贈の寄付金付き自動販売機

 諏訪市小和田の市児童センターは、全国の児童館に楽器を寄贈する「『音楽を届けて子どもたちを育む』Dream Passport(ドリーム・パスポート)プロジェクト」に賛同し、飲料の売り上げ1本につき5円が寄付される自動販売機を導入した。諏訪地域での設置は初めて。センター内の受け付け近くの飲料可能スペースに置いた。

 音楽を通して子どもを育もうと、児童館や母親クラブを支援する児童健全育成推進財団(東京都)が2010年に始めたプロジェクト。希望があった児童館の中から、音楽活動の独自性や楽器の使用頻度などを考慮して寄贈先を決める。

 諏訪市児童センターはドラムやアンプ、キーボードを備え、中高生が練習に励んでいる。楽器が不足する他館の子どもにも音楽に親しんでもらいたいと協力した。これまでセンター内では飲料を購入できなかったため、利便性も上がったという。

 同センターの上原啓一主任(37)=同市渋崎=は「自販機の飲み物の人気投票など企画を行い、自販機に愛着を持ってもらいたい」と話す。センターをよく利用する内藤孔明さん(16)=同市渋崎=は「早速買ったが、楽器が寄贈されると初めて知った。いいことだと思うのでこれからも使いたい」と笑顔だった。

 同財団によると、自販機は全国のライブハウスや児童館など18カ所に設置され、県内ではワーカーズコープ上田事業所(上田市)に続いて2カ所目。設置無料で維持費は電気代のみ。販売手数料が支払われる。問い合わせは同財団(電話03・3486・5141)へ。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク