全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

世界かんがい施設遺産「北楯大堰」 未来へ引き継ぐ

 庄内町の「北楯大堰」が世界かんがい施設遺産に登録されたことを記念した祝賀会が26日、同町の庄内たがわ農協新余目支所で開かれ、関係者が北楯大堰の登録を祝い、その重要性を再認識するとともに、今後の施設の維持管理への機運を高めた。

 祝賀会には施設使用者の最上川土地改良区の組合員をはじめ、県や町関係者ら合わせて約90人が出席した。初めに最上川土地改良区の田澤伸一理事長が「今年8月、北楯大堰が世界かんがい施設遺産に登録され、11月20日、登録証を受領してきた。今回登録にたどり着けたのも国、県、関係各位のご支持のたまもの。あらためて感謝する」とあいさつ。

 来賓祝辞などに続いて北楯大堰の歴史などを紹介するビデオとスライドを鑑賞。北舘神社の北楯利久宮司が「先人たちのたゆまぬ努力で引き継がれてきた北楯大堰が高い評価を得たことはとても喜ばしい」とあいさつし、乾杯した。

 北楯大堰は狩川城主・北館大学助利長公が、1612(慶長17)年、水不足で困窮する領民を救うため10年間にわたり水源を探し求め、立谷沢川から取水することを計画し、難工事の末、完成させた。今年8月、本県の施設で初めて「世界かんがい施設遺産」に登録された。

北楯大堰が世界かんがい施設遺産に登録されたことを記念した祝賀会が開かれた

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク