全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

世界かんがい施設遺産「北楯大堰」 未来へ引き継ぐ

 庄内町の「北楯大堰」が世界かんがい施設遺産に登録されたことを記念した祝賀会が26日、同町の庄内たがわ農協新余目支所で開かれ、関係者が北楯大堰の登録を祝い、その重要性を再認識するとともに、今後の施設の維持管理への機運を高めた。

 祝賀会には施設使用者の最上川土地改良区の組合員をはじめ、県や町関係者ら合わせて約90人が出席した。初めに最上川土地改良区の田澤伸一理事長が「今年8月、北楯大堰が世界かんがい施設遺産に登録され、11月20日、登録証を受領してきた。今回登録にたどり着けたのも国、県、関係各位のご支持のたまもの。あらためて感謝する」とあいさつ。

 来賓祝辞などに続いて北楯大堰の歴史などを紹介するビデオとスライドを鑑賞。北舘神社の北楯利久宮司が「先人たちのたゆまぬ努力で引き継がれてきた北楯大堰が高い評価を得たことはとても喜ばしい」とあいさつし、乾杯した。

 北楯大堰は狩川城主・北館大学助利長公が、1612(慶長17)年、水不足で困窮する領民を救うため10年間にわたり水源を探し求め、立谷沢川から取水することを計画し、難工事の末、完成させた。今年8月、本県の施設で初めて「世界かんがい施設遺産」に登録された。

北楯大堰が世界かんがい施設遺産に登録されたことを記念した祝賀会が開かれた

関連記事

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク