全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

世界かんがい施設遺産「北楯大堰」 未来へ引き継ぐ

 庄内町の「北楯大堰」が世界かんがい施設遺産に登録されたことを記念した祝賀会が26日、同町の庄内たがわ農協新余目支所で開かれ、関係者が北楯大堰の登録を祝い、その重要性を再認識するとともに、今後の施設の維持管理への機運を高めた。

 祝賀会には施設使用者の最上川土地改良区の組合員をはじめ、県や町関係者ら合わせて約90人が出席した。初めに最上川土地改良区の田澤伸一理事長が「今年8月、北楯大堰が世界かんがい施設遺産に登録され、11月20日、登録証を受領してきた。今回登録にたどり着けたのも国、県、関係各位のご支持のたまもの。あらためて感謝する」とあいさつ。

 来賓祝辞などに続いて北楯大堰の歴史などを紹介するビデオとスライドを鑑賞。北舘神社の北楯利久宮司が「先人たちのたゆまぬ努力で引き継がれてきた北楯大堰が高い評価を得たことはとても喜ばしい」とあいさつし、乾杯した。

 北楯大堰は狩川城主・北館大学助利長公が、1612(慶長17)年、水不足で困窮する領民を救うため10年間にわたり水源を探し求め、立谷沢川から取水することを計画し、難工事の末、完成させた。今年8月、本県の施設で初めて「世界かんがい施設遺産」に登録された。

北楯大堰が世界かんがい施設遺産に登録されたことを記念した祝賀会が開かれた

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク