全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広弘文堂の画廊再開 人と作品つなぐ空間に

「通りすがりに良い作品と出合える空間となれば」と小藤田さん(左)。六花亭本店3階に設けられた展示空間

 作品の額装を手掛ける帯広市内の「弘文堂」(西2南9、六花亭本店3階)が、2012年に一度閉じていたギャラリーを「廊-KOHBUNDO」として再開した。弘文堂の小藤田直道さん(48)は「部屋と部屋をつなぐ『廊』の字に、作品と人をつなぐ意味も込めている。通りがかりに良い作品と出合える空間にしていきたい」と話している。

 弘文堂は1927年創業、64年に設立。絵画、額縁、キャンバスなどの販売のほか弘文堂画廊(西2南8)を運営。2005年に画廊を現在地に移転し、12年まで続けてきた。

 その後一度閉じた画廊だが、小藤田さんの長い構想の末、今月23日にオープン。以前あった画廊のスペース(約90平方メートル)とは異なり、廊下を展示空間として展開する。

 「この業界に入って30年。知識と経験を生かして、廊下やエントランスをギャラリーとして成立させたい」と小藤田さん。作家の作品に対し誠実に向き合うことを大切に、額装から案内状の制作などトータルコーディネートする。

 オープニング企画には、日常の風景を刺しゅうする荒井千惠子さん(帯広)に展示を依頼。身近なものを題材に発想を膨らませた「庭に在る」(縦137センチ、横82センチ)や「思いのままにステッチ」(15年制作)など、感性があふれる刺しゅう作品17点が並ぶ。

 作品の額装は弘文堂が手掛ける。小藤田さんは「どうしたら作品が生きるのかを考え、引き立たせることが自身の役目。額装を含め、一体感のある展示空間づくりをしていきたい」と話している。

 荒井さんの展示「布と糸と針と」は12月19日まで開催。午前10時半~午後6時(最終日は午後3時まで)。展示の相談も受け付けている。問い合わせは弘文堂(0155・23・4517)へ。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク