全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

震災から7年 立川中生徒が鎮魂と復興願う

立川中の生徒有志が被災地への祈りを歌声に込めた

 東日本大震災発生から11日で7年。庄内町の立川中学校(佐藤真哉校長、生徒99人)の生徒たちによる「復興の祈り」が9日、庄内町役場立川庁舎で行われ、鎮魂と復興への祈りを込めて歌を披露した。

 被災者や被災地への祈りを込めた合唱は4年前から実施。同校では震災直後から牛乳パックで作った紙灯籠を被災地で同町と友好町の盟約を結ぶ南三陸町(宮城県)へ送るなどボランティア活動を行っており、今年も全校生徒や教職員が紙コップで「3・11忘れない」「復興頑張れ」などのメッセージを書いた紙灯籠を制作した。

 この日は同校有志約50人が庁舎を訪問。職員や近くの学童保育所の児童が見守る中、「最上川舟唄」「ふるさと」の2曲を被災地への思いを込めて歌い上げた。生徒会副会長の2年生、村井康輔君(14)は「南三陸へ応援の気持ちを込めて歌った。早く震災前の明るくにぎやかな町になってほしい」と話していた。

 8日には余目中生徒会副会長の上林優介君(3年)が黙とうを呼び掛ける放送を録音。11日の地震発生時刻に防災無線で放送する。

関連記事

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

一面のジャガイモ たっぷり袋詰めに JAひろお感謝祭

 JAひろお(萬亀山正信組合長)の感謝祭が14日、「Aコープサンタ村」(町紋別18)で開かれた。  会場では、町内の農家で作った取れたて野菜、広尾産黒毛和牛のカットステーキ、ゆでたてトウモロコ...

「なつぞら」小道具も よつ葉ミルクフェスタ 音更

 「よつ葉ミルクフェスタ2019」が14日、音更町内のよつ葉乳業十勝主管工場で開かれた。同社の生乳を使ったソフトクリームや乳製品、牛肉製品などを多数販売、十勝の農民乳業設立シーンが物語に登場する...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク