全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

震災から7年 立川中生徒が鎮魂と復興願う

立川中の生徒有志が被災地への祈りを歌声に込めた

 東日本大震災発生から11日で7年。庄内町の立川中学校(佐藤真哉校長、生徒99人)の生徒たちによる「復興の祈り」が9日、庄内町役場立川庁舎で行われ、鎮魂と復興への祈りを込めて歌を披露した。

 被災者や被災地への祈りを込めた合唱は4年前から実施。同校では震災直後から牛乳パックで作った紙灯籠を被災地で同町と友好町の盟約を結ぶ南三陸町(宮城県)へ送るなどボランティア活動を行っており、今年も全校生徒や教職員が紙コップで「3・11忘れない」「復興頑張れ」などのメッセージを書いた紙灯籠を制作した。

 この日は同校有志約50人が庁舎を訪問。職員や近くの学童保育所の児童が見守る中、「最上川舟唄」「ふるさと」の2曲を被災地への思いを込めて歌い上げた。生徒会副会長の2年生、村井康輔君(14)は「南三陸へ応援の気持ちを込めて歌った。早く震災前の明るくにぎやかな町になってほしい」と話していた。

 8日には余目中生徒会副会長の上林優介君(3年)が黙とうを呼び掛ける放送を録音。11日の地震発生時刻に防災無線で放送する。

関連記事

第8回西表島人文化祭 島の魅力を再発見 展示や体験など満喫

 【西表】「文化力は島の力」をサブテーマとした「第8回西表島人(しまぴとぅ)文化祭」(西表島エコツーリズム協会主催)が14日、西表西部の中野わいわいホールで開かれ、販売、展示、体験型など30以上の...

長野日報社

相手の気持ちで「ものづくり」 諏訪市内小中学生がチャレンジショップ

諏訪市教育委員会は14日、市立11小中学校の児童生徒が同市の独自科目「相手意識に立つものづくり科」で作った品物を販売する「チャレンジショップ2019」を初めて市駅前交流テラスすわっチャオを会場に...

大自然ゆったり満喫 石垣島ライドに303人

 グレートアース石垣島ライド2019(同実行委員会主催)が8日、石垣市新川の舟蔵児童公園を発着点に行われ、100㌔と55㌔の2部門に島内外から303人が参加、自転車を走らせながら石垣島の大自然を満...

「じてんしゃのまち新城」バナー作りPR

自転車イベントでお披露目  2026年に県内で開かれる第20回アジア競技大会で自転車競技ロードレースの会場候補地となっている新城市は、大会とまちをPRするバナーを作った。「じてんしゃのまち ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク