全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

子どもの感性 集めて 「サイロ」700号記念の詩画集人気 十勝

 十勝管内の小・中学生の詩を掲載する月刊誌「サイロ」の700号到達を記念して制作された詩画集「えんぴつの夢」が人気だ。全国各地から問い合わせも多く、発行から約1カ月で残部は約100部に。601号以降、サイロの表紙絵を手掛ける鹿追町在住の画家真野正美さん(60)の作品と、子どもたちのあふれる感性が詰まり、反響を広げている。

「サイロ」700号を記念して制作された詩画集「えんぴつの夢」と杉森代表

 「えんぴつの夢」は、サイロを発行するNPO法人小田豊四郎記念基金「サイロの会」(杉森繁樹代表)が1000部制作した。2010年の601号以降の掲載作品から選んだ88編の詩と、42枚の真野さんの絵が、春夏秋冬の4部に分かれて収まっている。

 タイトルは、鉛筆の視点に立ち、鉛筆が使われ短くなることで子どもの成長を感じさせるという中学生の作品から取った。各章のタイトルも詩の一部から抜粋し、子どもたちが生んだ言葉で紡がれている。故坂本直行の絵に変わり、8年前から表紙を彩る真野さんの水彩画も、四季折々の北海道の原風景を描き、「温かみや郷愁を感じさせる」と好評だ。

 10月の発行後、多くの問い合わせが同会にあり、杉森代表(72)は「全国的に注目され、うれしい。長年のサイロの歴史と、子どもの持つ純粋さがあってこそ」。「サイロは十勝で育まれた文化だと思っている。この価値ある文化が次の世代へと受け継がれてほしい」と話している。

 えんぴつの-は六花亭帯広本店(帯広市西2南9)などで1部2000円で販売しているほか、帯広市図書館でも閲覧できる。増刷の予定はないという。問い合わせは同会(0155・24・6655)へ。

 「サイロ」は六花亭製菓(帯広)創業者の故小田豊四郎氏が1960年に創刊。子どもたちから募集した詩を毎月掲載し、今年5月に700号に到達した。全国的にも子どもの詩に特化した月刊誌は例がなく、一度も途切れずに続いている。

関連記事

軽石を雑草対策に使用 黒島公民館が試行錯誤

 【黒島】島に漂着した軽石を有効活用しようと、黒島公民館の仲田和則館長は路上の雑草対策として試験的に軽石を使用している。  仲田館長は、島内を通る道路の植栽升で雑草が繁茂し景観を損ねているこ...

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク